アーカーシャ・クロニクル

 第5話  生き甲斐(がい)

 

 ユウトは両親と和(なご)やかな時を過ごすしていた。
 しかし、時計は夕刻を指しており、両親の帰る時間となった。
母「じゃあ、ユウト。そろそろ、帰るわね。でも、本当に、元気そうで良かった」
ユウト「うん。すごい調子は良いよ」
父「ユウト、少しでも気分が悪くなったら、ナース・コールのボタンを押すんだぞ」
ユウト「分かってる。じゃあね、義父(とう)さん、義母(かあ)さん」
母「明日も来るからね」
ユウト「うん」
父「・・・・・・ユウト、私は明日は-どうしても外せない仕事が入ってしまったんだ。ただ、仕事が終わったら必ず、見舞いに来るからな」
ユウト「うん、気にしないで」
父「・・・・・・じゃあ、帰ろう、母さん」
 そして、二人は病室を去って行った。
カンナ『ほんと、良い-ご両親ね。こんなに毎日、見舞いに来てくれるなんて』
ユウト「ほんと、俺には-もったいないくらいだよ」
カンナ『さて、じゃあ、病院の探索よ、探索』
ユウト「分かった」

 そう言って、ユウトは立ち上がるのだった。

 

 ・・・・・・・・・・
 ユウトは-あてもなく、病院をうろついた。
 すると、車椅子に乗った少女と、それを後ろから押す青年が
廊下の向こうから歩いて来た。
ユウト(あれ・・・・・・あの制服って・・・・・・)
 青年の来ている制服は、ユウトの学校のモノだった。
 そして、青年はユウトに気づき、声をあげた。
青年「あれ?如月(きさらぎ)か?」
ユウト「ええと・・・・・・上谷(かみや)か?」
上谷「なんだよ、ひでーな。即答してくれよ」
ユウト「悪い、悪い。髪、丸(まる)刈(が)りに-なってたからさ」
上谷「そりゃあ、野球部だからな。でも、久しぶりだな。一年の時はクラスが一緒だったけど、二年の時はクラスが違って、それ以来、あんまし会ってなかったもんな」
ユウト「そうだったな・・・・・・」
上谷「それより、何だよ、その松葉杖。お前、入院してたのかよ?」
ユウト「いやぁ・・・・・・話せば長くなるんだけど・・・・・・。
それより、その子は?妹さん-とか?」

 と、ユウトは車いすの少女を見て、言った。
上谷「ああ、違う、違う。俺のファンなんだ」
ユウト「ファン?へぇ・・・・・・。すごいなぁ」
 すると、少女が口を開いた。
少女「ファンなんかじゃ・・・・・・ない」
 その一言に、沈黙が流れた。
上谷「・・・・・・まぁ、結構、辛口なんだ、こいつ」
ユウト「そ、そうか・・・・・・」
上谷「ああ。紹介するよ。彼女は彩花(あやか) ルリだ。ルリ、こいつは如月(きさらぎ) ユウト。うちの学園でも一、二位を争う、天才だ」
ユウト「い、いや、一位になれた事は無いから」
上谷「まぁ、でも、二位はキープしてんだろ?俺みたいな馬鹿からすると、宇宙人レベルだって」
ユウト「いやいや」
ルリ「・・・・・・すごい、です。令(れい)星(せい)-学園で二位なんて」
 と、少し、目を輝かせて言うのだった。
上谷「さて、そろそろ、病室に戻った方が-いいな。面会時間も過ぎそうだし。悪い、如月(ユウト)。部屋の番号、教えてくれよ。明日にでも見舞いに行くから」
ユウト「あ、うん。なら、一階で待ってるよ。そんなにかからないだろ?」

上谷「ああ。じゃあ、すぐ行くよ。よし、ルリ、戻るぞ」
 との上谷の言葉に、ルリはコクリと頷(うなず)いた。

 

 ・・・・・・・・・・
 一階のロビーでユウトは-のんびりと座っていた。
 すると、カンナが現れた。
カンナ『ユウト。さっきの子・・・・・・』
ユウト『ああ、ルリちゃん-の事か?』
カンナ『ええ。あまり言いたくは無いけど、死相が見えたわ。あまり、長く無いと思う・・・・・・』
ユウト『・・・・・・それは寿命って事か?』
カンナ『・・・・・・ええ』
ユウト『・・・・・・そっか・・・・・・』
 と答え、ユウトは深く-ため息を吐いた。
 すると、上谷(かみや)が歩いて来た。
上谷「よっ。待ったか?」
ユウト「いや、大丈夫」
上谷「そっか。しかし、こうして話すのも久しぶりだな。まぁ、一年の時も試験勉強を教えてもらったってくらいだけどな」
ユウト「そうだったな・・・・・・」
上谷「あの頃は、俺は不良だったし、お前も優等生って感じだったし、あんまし、遊んだりは-しなかったんだよね」

ユウト「はは、そうそう。お互い、丸くなったよな」
上谷「まぁ、俺の場合は頭が丸くなったんだけどな」
 と言って、上谷は自分の丸(まる)刈(が)りの頭をポンと叩いた。
ユウト「ふふ、それで、上谷は-この病院に良く来るのか?」
上谷「まぁ、週一くらいはな。本当は-もっと来たいんだけど、ほら、地獄の部活が-あるからさ」
ユウト「ウチの野球部は本格的だからなぁ・・・・・・」
上谷「まぁ、でも、今年はマジで甲子園、目指せるぜ。なんせ、エース・オブ・エースが居るしな」
ユウト「ああ、シオンか。あいつ、プロから既に、スカウトとか来てるんだろ?」
上谷「ああ。しかも、シオンは野球だけじゃなくて、勉強も出来るからなぁ。化け物だよ、ほんと」
ユウト「そっか。でも、野球、ほんとに頑張ってるんだな、上谷も」
上谷「ああ。それより、いい加減、下の名前で呼んでくれよ。友達だろ?」
ユウト「ああ。じゃあ、シュウ、よろしくな」
 と言って、ユウトは上谷(かみや) シュウに対し、手を差し出した。
シュウ「へへ、何か照れくさいな。ま、改めてよろしくな。
ユウト」
 そう言って、シュウはユウトの手を握るのだった。

 

 それから、しばしの間、二人は-とりとめの無い話をした。
ユウト「そっか、じゃあ、シュウは半年前から-この病院に来てるんだ」
シュウ「ああ。そうなるな」
ユウト「なら、聞きたいんだけど、最近、この病院で変わった事ない?」
シュウ「変わった事・・・・・・?ああ、そう言えば、噂が-あるんだよ。ルリから聞いたんだけどよ。なんか、この病院でさ、死んだハズの男が動き出したって話だ。ゾンビかよって思うけど・・・・・・って、どうした?」
ユウト「い、いや・・・・・・何でも無い。それより、他に変な事は無いかなぁ?」
シュウ「いや・・・・・・。ちょっと、他だと心当たり無いわ。わり」
 と言って、シュウは手を合わせて謝った。
ユウト「いや、気にしないでくれ。ところで、ルリちゃん、入院、長いのか?」
シュウ「ん・・・・・・ああ。まぁな・・・・・・。そう言えば、お前、医学部-志望だったか」
ユウト「ああ、そうだけど」
シュウ「そうか。なら、話しておこうかな。あいつは骨(こつ)肉腫(にくしゅ)だ。福岡の出だ。後は、分かるだろ」
ユウト「・・・・・・主戦場じゃ無いか・・・・・・。劣化ウラン弾の影響か?」
シュウ「ああ・・・・・・恐らくな。数年前までは普通に暮らしていたそうだ。だが、右足の膝(ひざ)の所に、腫瘍(しゅよう)が出来て、それで・・・・・・幸い足の切除には至らなかったが、それでも車いす生活だ。もっとも、歩けないワケじゃない」
ユウト「なぁ、あまり言いたくは無いが、若い頃の癌(がん)は、進行が早いだろ?」
シュウ「・・・・・・ああ。そうだ、その通りだ。だから、ルリは常に死の覚悟を持って生きている。まだ中学生だっていうのにさ」

ユウト「・・・・・・そうか」
シュウ「まぁ、暗い話は-よそう。この大学病院は、その手の権威の-お医者様が居るみたいだしさ。それに、今の所、転移は見当たらない。とはいえ、体の調子が元に戻らないみたいでさ、免疫が落ちてるのかな?すぐに喘息(ぜんそく)とかで、入院してしまうんだ。特に、今回の入院は長いな。そろそろ半年くらいだ」
ユウト「そうか・・・・・・。支えてやれよ」
シュウ「ああ。しかし、ユウト。そこで、『大丈夫だよ』とか『きっと、良くなるよ』とか言わないのが-お前らしいな。なんつーか。お前の言葉、素直に嬉しいよ」
ユウト「そ、そうかな・・・・・・」
シュウ「まぁ、ルリとは幼なじみ-みたいな感じでさ。小さい頃から、俺がスポーツしてるのを応援してくれてたんだ。ああ。幼なじみっつっても、俺が8歳くらいの時にルリが-こっちに越して来たんだ」
ユウト「なる程」
シュウ「それで、兄妹-同然に育って。とはいえ、ルリの家が色々あって、それから、しばらく会わなくなって。それで、ルリが入院したってのは知ってたけど、詳しい事は知らなくてさ。まぁ、それから、今にいたると。そんな感じだ」
 すると、カンナが現れた。
カンナ『ユウト。ルリちゃん-が野球に興味があるか聞きなさい』
ユウト「・・・・・・そっか。なぁ、シュウ。彼女、お前が野球してる事、知ってるのか?」
シュウ「知ってるも何も、あいつが居なかったら俺は野球してねーよ」
ユウト「そうなのか?」
シュウ「ああ。ウチの学園はさぁ、スポーツ枠が-あるだろ。そして、俺は-そのスポーツ枠。はたまた、お前のように一般入試で入って来る勉強の出来る奴が居る。その癖、クラスは同じだから、俺みたいな馬鹿は授業に付いていけない。でも、それでもスポーツで結果が残せれば-いいさ。でも、俺はサッカー部で・・・・・・まぁ、顧問や先輩達に嫌われ、部活を辞めちまった。サッカーのスポーツ推薦で入ったのにな・・・・・・。それで、高校一年の時は-かなりグレてただろ?」
ユウト「ああ。でも、他の不良と違って、イジメとかは-しなかっただろ?」
シュウ「まぁな。でさ、皆が俺を嫌う中、お前だけは、試験前俺に勉強を教えてくれたよな」

ユウト「まぁ、最初はクラス委員だったから-だったけど、途中から、結構、楽しくなっちゃってさ」
シュウ「はは。二人でファミレスで-勉強したりしてたよな」
ユウト「そうそう」
シュウ「でも、二年になって、会わなくなっちまった。まぁ、というか俺が会わないように-してたんだけどな」
ユウト「どうしてだ?」
シュウ「・・・・・・お前、俺の勉強を見てから、少し、成績、落としたろ?」
ユウト「いや、でも、落としたって言っても、第一回目の実力試験が-すごい良かったってだけで。二学期や三学期の中間や期末の結果は本来の実力だったと思うけど」
シュウ「まぁ、でも、あんまし迷惑-かけられないかな、と-思ってさ。それに、二年からは俺は、野球部に入って、マジで忙(いそが)しかったしな。ただでさえ、部活は厳しかった上に、遅く入った分、人一倍-自主練しなきゃ、いけなかったしよ」
ユウト「まぁ、でも、だからこそ、スタメンに入れたんだろ?」
シュウ「おう。まぁ、それで話を戻すと、俺が野球部に入るきっかけを作ってくれたのが、ルリなんだ。そう、一年から二年への春休み、その時、俺はケンカで怪我して、病院に行ってたんだ」
ユウト「そ、そうだったのか?」
シュウ「ああ。それで、その時、入院してた-ルリと再会したんだ。怒られたよ・・・・・・。何してるんだ、ってさ。それで、サッカー辞めた事、話したら、もっと怒られた。俺も-その時、荒れてたから、怒鳴り返そうかと思ったが、出来なかった。泣いてたんだ、あいつ。目に大粒の涙を浮かべて、それで、ぽろぽろと涙をこぼして・・・・・・。はは、ズルイよな。そんな事されたら、改心せざるを得ないだろ?」
ユウト「ああ・・・・・・そうだな」
シュウ「それで、心を入れ直して、何かスポーツを始めようと思ったんだ。俺には体くらいしか、取(と)り柄(え)が無いからさ」
ユウト「それで、野球を始めたのか」
シュウ「ああ。そうだ。くさい話だろ?」

ユウト「はは、そうだな、くっさ-くさだ。でも・・・・・・すっごく納得した。良かったな。生き甲斐(がい)を見つけられて」
シュウ「ああ・・・・・・。そうだな。その通り・・・・・・その通りだ」
 そして、しばらく二人の間に、沈黙が優しく満ちた。
シュウ「さって、それより、お前の方は大丈夫なのかよ?」
ユウト「いや・・・・・・実は死にかけちゃってさ・・・・・・」
シュウ「はぁ?死にかけたって、お、お前。どういう事だよ」
ユウト「まぁ、実は・・・・・・」
 そして、ユウトは大まかな事情を話した。
 ただし、もちろん、カンナの件には何も触れなかった。
シュウ「マジかよ・・・・・・。はぁ・・・・・・。それは-また、何と言うか・・・・・・。お前、ほんと、体には気を付けろよ。誰かを助けるのも-良いけどよ、お前自身が死んじゃ、もともこうも無いじゃないかよ」
ユウト「ああ・・・・・・分かってる」
シュウ「まぁ、でも、無事で何よりだぜ」
ユウト「まぁね」
 そして、二人は-しばし無駄話をするのだった。
 しかし、とうとう看護師に怒られ、退散する事となった。
シュウ「じゃあ、俺は明日も来るからよ。会おうぜ」

ユウト「ああ。じゃあ、明日」
シュウ「おう」
 そして、シュウは去って行った。
シュウ「さて・・・・・・部屋に戻ろう」 
 そう呟(つぶや)き、シュウはエレベーターへと向かうのだった。

 

 ・・・・・・・・・・
 ユウトはベッドに転がり、物思いに-ふけっていた。
カンナ『何を考えて居るの?』
 月明かりに照らされる中、カンナは-そう尋ねた。
ユウト「・・・・・・ルリちゃん-の事を」
カンナ『・・・・・・そう』
ユウト「ルリちゃん-の寿命は残り少ないのか?」
カンナ『そうね。あと、半年も無いんじゃないかしら?』
ユウト「嘘だッ・・・・・・。そんな。だって、結構、元気そうに、いや、そりゃ普通の人に比べたらダルそうだったけど、とても末期には見えなかった。抗ガン治療だってして無いだろ?」
カンナ『・・・・・・でも、彼女は自らの死を悟っているわ。それは-貴方も感じたでしょう?』
ユウト「そ、それは・・・・・・」
 そして、ユウトは思いだした。
 ルリの目には光が失われていた事を。
 いや、わずかな光が残されているとすれば、それはシュウの存在、ただ-それだけなのだろう。
 それをユウトは無意識の内に感じていたのだった。
ユウト「・・・・・・何とか-ならないのか?俺は、彼女の命を救えないのか?」

カンナ『無理よ。私の力では』
ユウト「じゃあ、俺は何で生き返れたんだ?」
カンナ『あなたは-生き返るべくして生き返った。その傷も奇跡的に後遺症(こういしょう)を外れるように位置していたわ。人の運命は悲しい程に不平等よ。そして、それに対し、私は-あまりに無力よ。』
ユウト「神なのに、なんで・・・・・・」
カンナ『私は神じゃ無い。神であって神では無い。故に、神無(かんな)。かつて、月を司(つかさど)る巫女(みこ)の役を命じられたモノ』
ユウト「え・・・・・・今、なんて?」
 とのユウトの言葉に、カンナは深く-ため息を吐いた。
カンナ『何でも無いわ。まぁ、でも、あまり深く考えなくてもいいんじゃないかしら。私の目(め)立(た)ても良く外れるし。それに、この病院は相当に優秀な医師も居るみたいですし』
ユウト「そ、そうだよ。そうに決まっている」
カンナ『ともかく、今はゼンの方に集中しなさい。私達は病気を治す事は出来ない。それは、医者の仕事よ。でも、殺しを止める事は出来るかもしれないわ』
ユウト「ああ。そうだな。気を切り替えて、ゼンさん-の件に集中しよう。ルリちゃん-の事は、そっちに決着が着いてから考えれば良い。じゃあ、そろそろ眠るよ。おやすみ」
カンナ『ええ、お休み』
 そして、ユウトは部屋の電気を切り、シーツに潜(もぐ)った。
 その様子をカンナは-しばらく見つめていた。
カンナ『ユウト・・・・・・仮に命を救えずとも、心を救う事は出来るのよ。でも、それは-まだ若い-あなたには理解しがたい-かも知れないけど。それでも、だからこそ、あなたに-しか出来ない事なのよ』
 と、一人、呟(つぶや)き、月夜の中、影の様(よう)に消えるのだった。

 

 ・・・・・・・・・・
 ユウトは深夜、妙な予感に目を覚ました。
ユウト「う・・・・・・はぁ、一時か。何で、こんな時間に。トイレでも行こうかな?でも、夜の病院って怖いから出たくないんだよなぁ」
 すると、ノックの音が響いた。
ユウト「ヒッ、だ、誰ですか?」
「如月(きさらぎ)さん、見回りに来ました」との看護師の声が聞こえた。
ユウト「え?あ、はい。どうぞ」
 そして、一人の看護師が入って来た。
 その看護師は-辺りをキョロキョロと見回し、部屋にユウトしか居ない事を確認し、頷(うなず)いていた。
ユウト(こ、この人は。う、嘘だろ・・・・・・。宮沢(みやざわ)さん-じゃないか。な、なんで、ゼンさん-暗殺計画、一番の容疑者が、こんな所に・・・・・・)
 すると、看護師の宮沢はユウトの方に近づいて来た。
ユウト「あ、あの。どうか-なされましたか?」
 と、ユウトは-おずおずと声をかけた。
 すると、宮沢は妖艶(ようえん)にクスクスと笑った。
宮沢「ねぇ、君、私の事、佐(さ)良(ら)に聞いたでしょ?」
ユウト(や、やばい。もしかして、俺が探りを入れたから、俺を口封じに来たのか?)

宮沢「ああ、佐良って、私の同僚ね。君が私の事を聞いた
看護師よ」
ユウト(ああ、あの告白が-どうとか言ってた人か。ていうか、カンナ。助けてくれ。カンナ?)
 しかし、カンナは現れなかった。
宮沢「どうしたの?黙っちゃって。緊張しちゃったのかな?」
ユウト「え、ええと・・・・・・。すいません。よく覚えてなくて」
宮沢「覚えてない?もー、照れなくて良いのよ。ほら、今、みんな寝静まってるわ。この部屋には君と私しか-居ないの」
ユウト(ん?なんか、違う気がしてきたぞ。ま、まさか)
宮沢「君、結構、かわいい-と思うわ。ね、良ければ、お姉さんと楽しい事、しましょ」
 との言葉に、ユウトは愕然(がくぜん)とするのだった。

 

 ・・・・・・・・・・

 

 次へ

 

 神無エクステンド

関連ページ

第1話 〈神無エクステンド〉
キール・アーカーシャの小説サイト
第2話 〈神無エクステンド〉
キール・アーカーシャの小説サイト
第3話 〈神無エクステンド〉
キール・アーカーシャの小説サイト
第4話 〈神無エクステンド〉
キール・アーカーシャの小説サイト
第6話 〈神無エクステンド〉
キール・アーカーシャの小説サイト

ニュース

リンク