アーカーシャ・クロニクル

 第4話  殺意

 

カンナ『・・・・・・それで、手がかりって?』
 と、死神の少女は尋ねた。
ユウト「ああ。もし、潜入したのが看護師だとしたら、病院での業務には慣れてないハズだろ?」
カンナ『でしょうね・・・・・・』
ユウト「カンナ、覚えている?前、カンナの事を見て、驚いた看護婦の事」
カンナ『ええ・・・・・・。なる程ね』
ユウト「そう。霊感体質の看護師なんて-やっぱり変なんだよ」
カンナ『しかも、看護師は普通、あんなに取り乱したりは-しないわ。もっと、肝(きも)が据(すわ)わっている、というか』
ユウト「そうなんだよ」
カンナ『でも、変ね・・・・・・』
ユウト「何が?」
カンナ『暗殺者が幽霊を見たくらいで怖がるかしら?人殺しが』
ユウト「うーん。逆に人殺しだからこそ、幽霊が怖いんじゃないのかな?」
カンナ『・・・・・・少し、違和感は残るわね。でも、何か手がかりが見つかるかも知れない。ともかく、その看護師を中心に捜査を行いましょう』
ユウト「で、でもさ、捜査って-どうすれば・・・・・・?」
カンナ『私に考えが-あるわ』

ユウト「なんか、嫌な予感がする・・・・・・」
カンナ『名付けて、ラブラブ大作戦よ』
 と、カンナは宣言するのだった。

 

 ・・・・・・・・・・
 翌日、ユウトは-ため息を吐いていた。
 そして、昨日、カンナに言われた事を思いだしていた。

 

カンナ『いい、ユウト。今の時代、個人情報を聞くのは非常に難しいわ。怪しまれてしまう。でも、自然な方法で、個人情報を聞く手段がある。それは・・・・・・その人の事を好きって、フリをすればいいのよ』

 

ユウト(はぁ・・・・・・何で好きでも無い人を好きってフリをしなきゃいけないんだろう・・・・・・)
 すると、一人の看護師が朝食を持って来た。
ユウト「あの・・・・・・一昨日、僕の面倒を看てくれていた看護婦さんって、居ないんですか?」
看護師「あら、誰の事かしら?」
ユウト「ええと。自然な茶髪で、少し巻き毛っぽい感じの」
看護師「ああ。宮沢さん-ね」
ユウト「あ、はい。そうです」
看護師「なぁに?宮沢さん-が、どうしたの?」
ユウト「あ、いえ・・・・・・その何でも無いです」
 とのユウトの思わせぶりな態度に、看護師は食いついてきた。
看護師「なに、なに。ちょっと、ちょっと。もしかして、もしかするの?」
ユウト「い、いえ。そういうのじゃ無いです。ただ、優しくしてもらったんで、少し、気になって」
 とのユウトの言葉に、看護師は何度も頷(うなず)いた。
 それから、その看護師は聞いても居ないのに、宮沢という看護師の事を、色々と話すのだった。

 

 廊下をユウトは歩いていた。
ユウト(結局、宮沢さん-は。一ヶ月前に-この病院に配属された新任の看護婦で、とはいえ、他の病院に勤めていたから、キャリアは長くて。それで、資格としては、准(じゅん)看護師で、他の医師や看護師が居ないと、基本、注射とかもしちゃいけなくって。つまり、正看護師よりも、資格を簡単に取れるって事で・・・・・・・。さらに、あんまし同僚との付き合いも良くないみたいで。これは、かなり怪しいなぁ・・・・・・)
 と、ユウトは歩きながら思った。
 そして、ユウトは最後に看護師から言われた事を思いだした。

 

看護師「ただ、患者さん-と、そういう事は駄目だから、告白するなら、退院してからよ!」
 と、ウインクしながら言うのだった。

 

ユウト「勘弁(かんべん)してくれ・・・・・・」
 と、ユウトは呟(つぶや)くのだった。
 すると、背後にカンナが現れた。
カンナ『でも、宮沢という看護婦、顔は可愛い感じ-じゃない?』
ユウト『流石(さすが)に、人殺し相手は無理だよ・・・・・・』
カンナ『そう』
ユウト『それより、宮沢さん-と会って悪意を感じる事は出来る?』
カンナ『前も言ったけど微妙ね。天性(てんせい)のブリッ子とかだと、直接の悪意を読み取るのは難しいわ。ただ、隠しきれず、徐々に漏れ出る悪意なら感じれるわ。つまり、前も言ったけど、悪意が病院のどこかから発生しているのは分かるって事』
ユウト『うーん。となると、困ったなぁ。というか、あんまし、直接、会いたくないんだよなぁ・・・・・・』
カンナ『どうして?』
ユウト『なんか、恥ずかしくない?』
 とのユウトに対し、カンナは-ハリセン(扇子(せんす))を取り出し、振り下ろした。しかし、ユウトの頭を霊体のハリセンは透けていった。
ユウト『あのさぁ、それ・・・・・・何の意味が?』
カンナ『突っ込みよ』
 と、カンナは誇らしげに答えるのだった。
ユウト『そ、そう・・・・・・。ともかく、ゼンさん-の病室に行こう』

 そして、ユウトはゼンの部屋へと向かうのだった。

 

ユウト「失礼します」
 と言って、ユウトが扉を開くと先客が居た。
 それはゼンと同じ雰囲気をまとった男で、明らかにカタギの人間では無かった。
ゼン「おう。ユウトか。よう来たな」
ユウト「ゼンさん、ど、どうも」
 と、ユウトは頭を下げた。
男「兄貴、こちらは?」
ゼン「おう。こいつは如月(きさらぎ) ユウトって言う奴じゃ。若いが、中々に、見所が-あるというか。骨が-あるというかのう」
男「ほう・・・・・・」
 と、男は鋭(するど)く-ユウトを見据(みす)えた。
ユウト「あ、あの、俺、邪魔みたいですし、帰ります・・・・・・」
 と、ユウトは男の眼光に圧倒され、退出しようとした。
 すると、それをカンナが阻んだ。
カンナ『待ちなさい。この男、悪意を感じたわ』
ユウト『あ、悪意?』
 ユウトは振り返って、男の顔を見た。

ゼン「まぁまぁ、ユウト。邪魔なワケなかろう。のう、アサギ、お前も問題ないじゃろ?」
 とのゼンの言葉に、アサギと呼ばれた男は頷(うなず)いた。
アサギ「それは、もう。兄貴の-お知り合いなのでしたら」
ゼン「そういうワケじゃ。ユウト、座ってきや」
 と言って、ゼンは笑うのだった。

 

 それから、ユウトはアサギの隣で、緊張しながら会話をしていた。
 しかし、アサギからユウトに直接、話が来る事は無く、
ユウトは気まずさを感じていた。
ユウト(か、帰りたい・・・・・・)
カンナ『我慢よ、ユウト』
ユウト『・・・・・・というか、このアサギさんて、ゼンさんの頼れる部下って話だけど、本当に、ゼンさんに対して悪意を?』
カンナ『どうかしら?対象は分からないけど、少なくとも強烈な悪意を持っているわね』
ユウト『え?ゼンさんに向けられてるんじゃないの?』
カンナ『そんな事、一言も-言ってないでしょ』
ユウト『なんか、振り出しに戻された気分だよ・・・・・・』
カンナ『人生なんて-そんなモノよ』
ユウト『まぁ、でも、面倒だから、アサギさん-がゼンさんに悪意を持ってると仮定しておこう』
カンナ『そうね。あらゆる可能性を考えすぎて、何も考えが進まないのは愚かな事だものね』
ユウト『じゃあ、アサギさん-が、ゼンさんを殺したいとして、やっぱり、権力争い的なモノかなぁ?』
カンナ『恐らくは-そうでしょうね。しかし、皮肉なモノね。真の敵は同業者どころか、腹心の部下だったなんて。恐らく、ゼンの持つシノギを全部、奪っていこうという魂胆(こんたん)なんでしょうね』
ユウト『ひどい話だ。だとして、どうして今、ゼンさんを殺そうと思ってるんだろうね?』

カンナ『どういう事?』
ユウト『だって、どうせ殺すなら、病院じゃなくて、たとえば、山奥で二人で居る時とかに、やるんじゃ無いかな?』
カンナ『・・・・・・それも-そうね。いや、でも、それは駄目なのよ』
ユウト『どうして?』
カンナ『ゼンの探偵-事務所には、きっと、アサギを嫌っている奴も居るのよ。それだと、明らかにアサギが殺したと 分かれば、警察にリークされるんじゃ無い?』
ユウト『なる程。その点、病院だと、ぽっくり死んだように見せかけられるワケだね』
カンナ『そうね。人を殺す最も賢い方法は、事故か自殺に見せかける事だからね。そうなれば、事件にもならないし、警察も動きづらい。そもそも、この国は検死率が異様に低いから、多少-殺しにミスが-あっても、ばれない事が多いわけで』
ユウト『でも、そう考えると、車での事故を引き起こしたのもアサギさん-の仕業(しわざ)なんだろうね』
カンナ『そうね。事故で死ねば良し。死ななくても、重傷になれば、病院で殺せば良い。二段構えって事ね』
ユウト『流石(さすが)に、良く考えられてるなぁ。探偵が犯人やってるようなモノだからね・・・・・・』
 すると、ゼンがユウトの方を見て、口を開いた。
ゼン「ん?どした、ユウト?浮かない顔をして」
ユウト「あ、いや。えぇと、ちょっと-お腹が減って。ハハ」
ゼン「なんじゃ、それなら、ほら。アサギが持って来たミカンが-あるぞ。ワシの大好物なんじゃが、そんなに食えんしのう」
ユウト「あ、ありがとう-ございます」
 そして、ユウト達はミカンを食べ出した。

 特に、ゼンは次々とミカンをほおばっていった。
カンナ『〈そんなに食えん〉とか言ってた割(わり)には、いっぱい食べてるわね・・・・・・』
 と、カンナは呆(あき)れたように言った。
ゼン「いやぁ、このミカン、相変わらず-甘くてうまいのう」
アサギ「ハウス・ミカンですからね」
 そして、ゼンは再びミカンを食べ出した。
ゼン「しかし、最近、尿の出が悪くてのう・・・・・・。まぁ、大した事じゃないんじゃが」
アサギ「まぁ、俺もよく-そうなりますよ。特に、女を抱き過ぎた日には」
ゼン「はは。全く、女遊びが過ぎる奴じゃな」
ユウト「あ、あの・・・・・・」
ゼン「なんじゃ?ユウト」
ユウト「・・・・・・尿の出が悪いのは、腎(じん)機能が低下している可能性が-ありますよ」
ゼン「どういう事じゃ?」
ユウト「つまり、腎臓(じんぞう)が弱っていると、尿の出が悪くなったり、逆に頻尿になったりとか-するんです。絶対に、お医者さんに言った方が良いですよ」
ゼン「ふむ・・・・・・。なら、そうするかのぅ・・・・・・」
アサギ「考え過ぎでは?たかが、尿の出が悪いくらいで・・・・・・」

ユウト「いえ。腎臓(じんぞう)が弱っていると食事も変えなきゃいけませんよ。たとえば、カリウムの含まれるモノは食べちゃ駄目なんです。そう・・・・・・ミカンとか」
アサギ「・・・・・・つまり、俺の見舞いが毒だと?」
ユウト「・・・・・・病人にとっては、その可能性が-あります」
アサギ「・・・・・・」
 アサギはユウトを睨(にら)み据(す)えていた。
 強烈な悪意と殺気がユウトに降り注(そそ)ぐも、ユウトは一歩も引かなかった。
ユウト「カリウムの過剰摂取で引き起こる-高カリウム血症という病気の症状(しょうじょう)の一つは、手足の痺(しび)れなんです」
 と言って、ユウトはゼンの震える手を見るのだった。
アサギ「・・・・・・兄貴、失礼しました。今日は帰らせて頂きます」
 そう言って、アサギは残ったミカンを持って、部屋を出るの
だった。
ユウト「はぁ・・・・・・」
 と、ユウトは-ホッと息を吐くのだった。
 それに対し、ゼンはクックと笑い出した。
ユウト「ゼ、ゼンさん?」
ゼン「いや、ユウト、お前さん-は本当に凄い奴かもしれんのう。あのアサギに対し、ああも啖呵(たんか)を切れる高校生がおるとはのう。ヤクザですら、怯(おび)える-あのアサギに」

 と言って、ゼンは再び笑った。
ユウト「ご、ごめん・・・・・・」
 と、ユウトは深々と頭を下げた。
ゼン「まぁ、アサギを悪く思わんでくれや。あいつはワシの好物を持って来てくれた-だけなんじゃよ」
ユウト「あ、うん。分かってるよ」
ゼン「しかし、ユウト、お前さん、色々と詳しいのう。まるで、医者みたいじゃったぞ」
ユウト「あ、実は医学部-志望で受験勉強の合間に、色々とそういう本を読んだりしたりしてて。本当は、もっと、受験勉強に集中した方が良いとは思うんだけど・・・・・・」
 すると、ゼンは震える両手でユウトの両肩を掴(つか)んだ。
ゼン「ユウト・・・・・・。お前さん-が医者か・・・・・・。ほうか。なぁ、ユウトよ。お前さん-は、もっと自分に自信を持て。お前さん-は凄い奴じゃ。単なる頭でっかちとは違う。偏差値で医者になる連中とは違う。ワシは-そう思う。お前さん-のような奴こそ、医者になるべきじゃとワシは思う」
 と言って、ゼンは何度も頷(うなず)き、手を放した。
ユウト「・・・・・・ありがとう、ゼンさん。俺、頑張って医者に-なるよ」
ゼン「おう。まぁ、医者も相当に大変じゃろうが、気張(きば)ってき」
 と言って、ゼンは二カッと笑みを見せるのだった。

 

 

その頃、アサギは車の中で携帯を耳に当てていた。
アサギ「俺だ。・・・・・・計画は変更だ。プランBで行く。後は任せたぞ。・・・・・・・・・・・うるさい。分かっている。・・・・・・何?十分(じゅうぶん)な前金は払っただろう。なめているのか?いいから、言われた通りに-やればいいんだ。切るぞ。いや、待て。妙なガキが居た。気を付けろ・・・・・・・。ん?名前は・・・・・・如月(きさらぎ) ユウトと言ったな。そうだ、患者だ。高校生で顔は整っている。・・・・・・じゃあ、今度こそ切るぞ」
 そう言って、アサギは携帯を閉じた。
 そして、アサギは病院の方を振り返り、フッと笑った。
アサギ「・・・・・・じゃあな、兄貴」
 そう呟(つぶや)き、アサギは車を発進させるのだった。

 

 ・・・・・・・・・・

 

 神無エクステンド

 

 

関連ページ

第1話 〈神無エクステンド〉
キール・アーカーシャの小説サイト
第2話 〈神無エクステンド〉
キール・アーカーシャの小説サイト
第3話 〈神無エクステンド〉
キール・アーカーシャの小説サイト

ニュース

リンク