アーカーシャ・クロニクル

如月(きさらぎ) ユウトは死神の少女カンナと契約し、少年・少女達を死の運命から救う事になったのだが、何故かオッサンを助ける事になってしまっていた・・・・・・。

 

 神無(かんな)エクステンド

 

第3話  戦後

 

 十三年前、戦争が-あった。
 大陸からの大規模な侵攻に、この島国は-さらされた。
 そして、西日本の大半を占領され、それでも、自衛隊の決死の働きと、あまりにも遅い友軍の到着により、日本は領土を完全に取り戻した。
 だが、戦禍(せんか)の跡は、あまりにも-むごたらしく、この国に残っていた。
 そんな中、ワシは・・・・・・仲間達と共に、泥水をすするように裏の世界で生きてきて・・・・・・。

 

男「夢・・・・・・か。懐かしいモンじゃ・・・・・・」
 と、強面(こわもて)の男は目を開き、呟(つぶや)いた。
 すると、ノックの音が響いた。
男「・・・・・・どうぞ」
 と言いつつも、男は常の癖で、身構えると共に、退路の確認を行った。
男(もっとも。こんな事をしても-この体じゃ何の意味も無いがのう・・・・・・。第一、暗殺者なら、ノックをせんだろうしの)
 と、思うのだぅた。
 すると、扉が開かれ、一人の少年が入って来た。
 彼こそは如月 ユウト、その人だった。
男「おう、坊主(ぼうず)か。なんじゃ?どうか-したんか?」
ユウト「いえ。オジサンが無事かなって」
男「無事って。ああ、昼間の事は冗談じゃ。気にせんで-ええぞ。まぁ、でも、せっかく来たんじゃ。のんびり-してくと、ええ」
ユウト「ありがとう-ございます」
男「ああ。そういう堅苦しいのは-いらんわ。仲良くしようや。敬語とか無しでの」
ユウト「う、うん」
男「ところで、坊主、名前は?」

ユウト「如月(きさらぎ) ユウト」
男「ほうか。ええ名前じゃな。ワシはな、高坂(こうさか) ゼン-じゃ。よろしく-のう」
 そう言って、高坂は手を差し伸べた。
ユウト「よ、よろしく」
 そう答え、ユウトは-おずおずと手を握りかえした。
ゼン「ああ。ワシの事はゼンと呼んでや」
ユウト「わ、分かった、ゼンさん」
ゼン「うんうん。ああ、ちなみにワシはヤクザとかやないで。じゃから、仲良くしても暴対法(ぼうたいほう)で捕まったりは-せんから安心せぇや」
ユウト「あ、うん。それは良かった・・・・・・」
 とのユウトのホッとした声に、ゼンは笑った。
ゼン「しかし、坊主も物好きじゃのう。こんなオッサンの事を気にかけるとは」
ユウト「ま、まぁ・・・・・・」
ゼン「とはいえ、見舞いは-これが初めてかもしれんのう。ほんまに、独り身は辛いのう」
 と言って、ゼンは-カラカラと笑うのだった。
ユウト「あの、あんまし聞いちゃいけない事かも-しれないんだけど。ゼンさん-の職業って・・・・・・?」
ゼン「ああ。探偵業をやっとるわ。とは言っても-それは表向きじゃ。裏は事件屋ちゅうのを-やっとる」

ユウト「事件屋・・・・・・?」
ゼン「そうじゃ。合法、非合法に関わらず、もめ事を何とかするのがワシら-の仕事じゃ。坊主も困った事が-あったら相談に乗るで」
ユウト「い、いや、今の所、大丈夫だから」
ゼン「ほうか。それは良い事じゃ、ほんまならワシら-となんか、関わらない方が幸せなんじゃよ・・・・・・」
 と、ゼンは自嘲気味に呟(つぶや)いた。
ユウト「でも、そういった仕事って危険じゃ無いの?」
ゼン「そりゃあ、危険だらけじゃのう。同業者だけじゃなく、警察にも注意を払わんと-いかんしのう」
ユウト「も、もしかして、その怪我も・・・・・・」
ゼン「・・・・・・ああ、ほうじゃ。車に細工されての。犯人の目星は-ついとるんじゃがの。まぁ、今のワシじゃどうしようも無いわ」
ユウト「ご、ごめんなさい。変な事、聞いて」
ゼン「ええわ、ええわ。気にすんな。フッ・・・・・・まぁ、ワシの話なんて聞いても-おもろう無いじゃろう?」
ユウト「そんな事ないと思うけど・・・・・・」
ゼン「・・・・・・はぁ、なら少し昔話に付き合ってや。戦後、政府は原発をゼロにしようとした。それは知っとる-やろ」
ユウト「うん。それで、自然エネルギーを中心にしようと」
ゼン「ほうじゃ。それで、メガ・ソーラー、巨大な太陽光発電の施設を金に糸目をかけずに建設しようとした。そこで、その設置場所に選ばれたのが、九州一帯じゃった。あそこらは、戦争のせいで農業に使えなくなって、それでも大量の農地が余って、それで政府は特別法を作って、農地も売買できるようにしたんじゃ」
ユウト「もしかして、その地(じ)上(あ)げを?」

ゼン「・・・・・・ああ。施設を作るには、まとまった土地が必要で、土地に穴があるわけにはいかん。じゃが、頑固な権利者は多くての。いくら金を積もうと、土地を売ってはくれん。それが、いくら国や地方の発展になると説いても耳を貸しはせん。ユウト、分かるか?周囲の土地を全て買ったのに。一つ。一つ-真ん中に小さな土地を持っているアホのせいで、施設を作る事が出来ぬ悔しさが」
ユウト「・・・・・・それで非合法な手段で脅したりしたって事?」
ゼン「・・・・・・そうじゃ。あの頃はワシも若くての。やばい橋も渡ったりした。じゃが、おかげで仲間と一緒に大もうけ-出来た。ところが、後で聞いた話じゃと、ワシが脅して土地を売らせた権利者が自殺をしたんじゃ・・・・・・。そいつは元々、精神を病んでいてな・・・・・・。だが、悪い奴では無かった。そう、悪い奴では。あれほど、むかついていた相手じゃが、死なれるとなると、こたえたわ・・・・・・」
ユウト「そう・・・・・・なんだ」
ゼン「すまんの。後味(あとあじ)悪い話をしてしもうて。じゃが、大怪我をして、これも自業自得と思うように-なってのう。あいつの苦しみは-こんなモノでは無かろう。焼身自殺の苦しみは・・・・・・。やり直したいのぅ・・・・・・やり直したい。この汚れきった人生をやり直したいのぅ・・・・・・」
 と、目に涙を浮かべながら、ゼンは呟(つぶや)くのだった。
ユウト「やり直せるよ、きっと」
 と、ユウトはゼンの目を見据え、言うのだった。
 その言葉を聞き、ゼンは目を少し見開いた。
ゼン「ユウト・・・・・・お前は、違うのう。他の人間とは何かが違う。お前さん-の言葉は何故か心に染みいる。そうか・・・・・・ワシじゃったのか。ワシ自身じゃったのか。やり直そうとしなかったのはワシ自身じゃったのか。ああ・・・・・・やり直そう。そう。体を早く治して、やり直そう。ユウト、ありがとう、ありがとう-のう。お前さん-と会えて良かった。本当に・・・・・・」
 そう言って、ゼンは手を差し出した。
ユウト「俺もゼンさん-と会えて良かったよ」
 そう微笑(ほほえ)みながら答え、ユウトはゼンの震える手を握るのだった。

 

 ・・・・・・・・・・
 深夜の病室でユウトは眠れずに居た。
ユウト「カンナ、居る?」
カンナ『・・・・・・何かしら?』
ユウト「ゼンさん-は、やり直せると思う?」
カンナ『どうかしら。一度、裏の仕事に手を染めると、まっとうな職に就けなくなるわ。何故なら、普通に働くのが馬鹿らしくなるから。あの手の職業は上手く行けば、数日で数百万とか稼げるでしょう?』
ユウト「そ、そうだろうね・・・・・・」
カンナ『・・・・・・ただ、失敗した時は一瞬で何千万と飛んでいく職業よ。とはいえ、上手くいっている時は、真面目に働くのが馬鹿らしくなる程の金が手に入るわ。その生き方を捨てるのは難しいんじゃないかしら?』
ユウト「そう・・・・・・なんだろうね。でも、俺は信じたい、ゼンさんを信じたいんだ」
カンナ『・・・・・・まぁ、可能性は-あるでしょうね。何事にも』
ユウト「うん」
カンナ『それより、あれは確かに命を狙われても-おかしくない類(たぐ)いの人間よ。ユウト、もし、あなたが彼を救いたいのなら、何か策を施した方がいいんじゃない?』
ユウト「うーん。とはいえ、誰が暗殺者か、というか-そもそも暗殺者が既に入りこんでいるのか。いや、もしかしたら、見舞客に紛れて襲う可能性も-あるし・・・・・・。うーん・・・・・・」
カンナ『でも、恐らくは病院に居る人よ。悪意を感じるから』
ユウト「なぁ、カンナ。その悪意って、いつも感じているのか?つまり、今とかも」
カンナ『そうね。今も感じるわね』

ユウト「なら。今、泊まって居る人なんじゃないか」
カンナ『そうね。となると、入院患者か、看護師か、医師か。という事になるわね』
ユウト「それでいて、看護師や医師だとしたら、昨日、今日
    と、当直の人なんじゃないかな?」
カンナ『恐らくはね。ただ、私の感覚も100%じゃないわ。悪意の残滓を感じているだけ-かも知れないし。あまり、当てにしない方が良いかもしれないわ。あくまで目安ていどに思っておいて』
ユウト「分かった。ただ、今までの情報からすると、ゼンさんの命が狙われているってのは確かな気がする」
カンナ『恐らくね』
ユウト「となると・・・・・・うーん。どうしようも無いなぁ」
カンナ『まぁ、明日もゼンに会いに行って、さりげなく、命を狙っている相手を聞くといいんじゃない?』
ユウト「まぁ、そうなるよなぁ。しかし、相手を聞いても、実行犯が分からなきゃ-しょうがないよなぁ」
カンナ『そうね。でも、犯人も大変よね』
ユウト「大変?」
カンナ『潜入するのだって一苦労じゃない?患者になるなら病気にかからなきゃ-いけないし。看護師や医師なら資格が居るし』
ユウト「ああ、確かに。あれ・・・・・・待てよ・・・・・・」
カンナ『どうしたの?』
ユウト「もしかして、手がかりが見えたかも知れない」

 と、ユウトは呟(つぶや)くのだった。

 

 ・・・・・・・・・・

 

 次へ

 

 神無エクステンド

関連ページ

第1話 〈神無エクステンド〉
キール・アーカーシャの小説サイト
第2話 〈神無エクステンド〉
キール・アーカーシャの小説サイト
第4話 〈神無エクステンド〉
キール・アーカーシャの小説サイト

ニュース

リンク