アーカーシャ・クロニクル

 第?話  呪術者と狂戦士

 

「ロータさん、ロータさん」
 との子供の声がする。
 目を開けると、そこには-お掃除ロボットが居た。
ロボット「ロータさんってば、起きて下さい」
 それに対し、私は・・・・・・。

 

《ロータ》

 

ロータ「ホシヤミ君、どうしたんだい?」
 と、ロータ・コーヨ大佐は、ロボットのホシヤミに話し掛けた。
ホシヤミ「聞いて下さいよ。テテト君が、僕のオイルを取っちゃったんです!」
ロータ「・・・・・・まぁ、後で、ちゃんと言っておくから、今日は眠いんだよ」
ホシヤミ「えぇ?でも、僕、お小遣いをためて、高級オイルを買って、それを取られちゃったんです」
ロータ「気持ちは分かるけど、今日の私は眠いんだよ」
ホシヤミ「珍しいですね」
ロータ「本当だよ。まぁ、南国は-いいね。しかも、今日は非番だから、ゆっくり休める。じゃあ、お休み」
 そう言って、ロータは眠りだした。
ホシヤミ「全く、ロータさんったら」
 そう言い残して、ホシヤミは去って行った。

 

「ファーザーッ。ファーザーッ!」
 との子供達の声がする。
 起き上がると、予想通り、少年達が眩しい程の笑顔で、そこに居た。
 彼等は元-少年兵だ。
 それを、私達、ヤクト軍が保護している。
 普通ならば、そこで、少年兵から、武器を取り上げ、平和に生きさせるのだが、彼等は-ここでのヤクト工科学校に通っている。
 工科学校と言っても、言わば、軍学校だ。
 銃こそ持たせないモノの、格闘術やサバイバル技術を含め、兵士としての基礎訓練を受けさせている。
 もちろん、普通の勉学も、先進国と同レベルに行っている。
 全てはシルヴィス・シャインの命令。
 仮に少年兵に武器を捨てさせても、彼等には帰る場所が無い。
 かつて共に住んでいた村人達は、彼等を恐がり、拒絶する。
 しかも、少年兵達も、一度、戦争を知ってしまうと、普通の生活には戻れない。
 それならば-いっその事、ヤクト軍の手で管理してしまえば良い-と言うのが、シャインの発想だった。
 色々ともめたが、トレキア副大統領の力添えもあり、何とかなっている。
 ただ、ヤクト本国では、一部で、非常にバッシングを受けている-らしい。困ったモノだ。

 私は-あまりMでは無いし、羞恥プレイも好まないので、しばらくヤクトには帰れなさそうだ。
 ちなみに、私はSでもなく、いや、相手の女性が望むのなら、SでもMでも喜んで、応じるつもりだが、そもそも、そんな女性など居るハズも無く・・・・・・。

 

少年A「ファーザーッ!何か、エロい事、考えてたでしょう!」
ロータ「レゼネ君、私は-いつもの様に、人生とは何と深淵(しんえん)な事かと、思慮にふけってたのだよ」
 と、ロータは少年レゼネに答えた。

 

     《レゼネ》

 

レゼネ「へへッ、いつもエロい事、考えてるんだ。ファーザー、Hッ!」
 とのレゼネの言葉に、子供達はドッと笑った。
 それに対し、ロータは恥ずかしそうにした。
ロータ「き、君達ねぇ・・・・・・。まぁ、いいや。それより、テテト君、ホシヤミ君のオイルは、ちゃんと-返そうね」
 と、ロータは少年テテトに言った。
テテト「はーい」
ロータ「よしよし、いい子だ」
 そう言って、ロータはテテトの頭を撫でた。
 それを見て、他の少年達も、頭を撫でて欲しそうに見ていた。
ロータ「はぁ、仕方無い」
 そして、ロータは全員の頭を何度も撫でるハメと成ったのだった。

 

 そんな平和な時間の中、一人の兵士が早歩きで部屋に入ってきた。
 それに対し、少年達は、敬礼を綺麗に行った。
兵士「あぁ、君達は、直っていてくれ。大佐、非番時に申し訳ありません。火急の事態です」
ロータ「了解した」
 そう言って、ロータは立ち上がった。
ロータ「さて、みんな、そういうワケだ。今は、解散してくれ」
 とのロータの言葉に、子供達は「了!」と答えた。

 

 ロータと兵士は廊下を早歩き-で進んで居た。
ロータ「で、ドリス大尉、状況は?」

 

    《ドリス》

 

ドリス「本国よりの電報が入りました」
ロータ「電報?」
ドリス「シャイン様よりの命令です」
ロータ「・・・・・・嫌な予感がしてきた」
ドリス「詳しい話は、ブリーフィング・ルームにて、説明いたします」
ロータ「ああ」
 そして、二人は部屋へと入っていった。
 そこにはヤクトの士官達が揃っていた。
 彼等はロータ達を見るや、敬礼してきた。
ロータ「あぁ、時間が惜しい。始めよう。ドリス大尉、説明を」
ドリス「ハッ。では、説明いたします。本日、14・00にて、ヤクト本国より電報が届きました。機密レベルは3、シルヴィス・シャイン国防長官-直々の命令です」
ロータ「続けてくれ」
ドリス「ハッ、シャイン国防長官からの命は、簡潔なモノで、ドータラン基地へと一個中隊を率い、至急、向かえとの事です」
ロータ「具体的な説明は、向こうで、という事か」
ドリス「ハッ。そうなります」
ロータ「了承した。至急、支度にかかってくれ」

 とのロータの言葉で、皆は慌ただしく動き出した。

 

 ・・・・・・・・・・
 装甲車に揺られ、ロータ達はジャングルの中を移動していた。
ロータ「しかし、最近の装甲車は広くていいな。昔は、それはもう、ひどいモノだった。冷房も大してきかなかったしな」
ドリス「ですね。そもそも数が足りませんでしたし。あの頃は細かい装備も自費で買ってました」
ロータ「懐かしいモノだ。何もかも変わっていく」
ドリス「はい・・・・・・」
 そして、ロータ達はジャングルを装甲車で進むのだった。

 

 ・・・・・・・・・
 ドータラン基地では、基地司令が直々にロータを出迎えてきた。
基地司令「ロータ大佐、よくぞ、はるばる、来て下さりました」
ロータ「よして下さい、少将。私の階級は所詮は大佐です」
基地司令「いえいえ。救国の英雄に対し、不敬があっては-いけません。ましてや、この基地の名付け親は貴方なのですから」
ロータ「いやぁ・・・・・・照れますね。とはいえ、階級は私が下です。まぁ、そういうワケでして」
基地司令「ハハ、分かりました。では、どうぞこちらへ」
 そう言って、基地司令は自ら、ロータを案内した。

 

 ブリーフィング・ルームでは、一人の士官がロータ達に説明を開始した。
士官「今回の任務はヤクト・ニュクス連合国の国防長官であられるシルヴィス・シャイン国防長官よりの直々の命令であります。我がドルファ国としても、その作戦に関し、全面的に協力するようにとの要請が大統領より達せられております」
 と言って、士官は言葉を区切った。
士官「さて、今回の命令は、ある呪術集団の壊滅です。その呪術集団・アセロ・レグワナは、古来より、非人道的な風習を行い続けて来ました。たとえば、人の臓器を呪術に使ったりなど。そして、その風習は今も続いているのです」
士官「とはいえ、ロータ大佐のお働きもあり、この国も民主化が進み、呪術集団もかつてに比べたら、非人道的な行為を自重する様になりました。しかし、今回の呪術集団、アセロ・レグワナは、今年に入り、急激に-その動きを活発化させています。これは、ラース-ベルゼ社会統一党の幹部や軍人が、彼等と合流したからと見られます」
士官「さて、具体的な非人道的な行為についてですが、まず、アルビナをご存じでしょうか?」
ロータ「確か、色素が欠乏しているモノだったか?」
士官「はい。人間で言えば、肌がより白く、瞳の色もより薄く、そういう外見的特徴を有します。そして、このドルファ国では、実は、アルビノの数が非常に多いのです」
士官「通常、アルビノは二万人に一人の割合で産まれますが、このドルファ国の一帯、つまり南リベリスの東部では三千人に一人の割合でアルビノが産まれます」
士官「そして、古来より、ドルファ国では、アルビノは神聖な存在とされ、一種のパワーを持つとされてきました。しかし、その迷信を呪術集団は利用したのです。例えば、アルビノの肉を食うと難病も治癒するなどと言って、アルビノ狩りを行っているのです・・・・・・」
ロータ「それは、現代でも、というより、今、この瞬間にも起きている出来事なのか?」
士官「恥ずかしながら、その通りです」
ロータ「・・・・・・しかし、迷信となると、中々に、払拭は難しいかもな」
士官「はい。ですが、実際には、迷信を真に受けている者は少ないとされます。一部の金持ちの道楽、というのが現状と思われます。しかし、アルビノの体が高価で取引されているのは事実で有り、一体7万ギアという価格で売買されているとの事です」
ロータ「それは・・・・・・金に困っている人間なら-やりかねないな」
士官「はい。我々も必死に撲滅しようと試みていたのですが、敵も相当の武装をしており、手をこまねいていました。そこに、シルヴィス・シャイン国防長官-殿から、連絡が入ったのです」

ロータ「なる程、確かに、あの人なら、見逃さないだろうな」
士官「ありがたい事です。しかし、敵は高位の能力者を有している上に、拠点が未だに掴めていません」
ロータ「・・・・・・となると、探す必要が-あるワケか」
 と、ロータは困った風に言った。
基地司令「いえ。手がかりは-あります」
ロータ「と、言いますと?」
基地司令「情報を持つ人間を、我々は拘束して居るのです」

 

・・・・・・・・・・
 ロータと腹心の部下のドリスとホシヤミは、共に、地下にある施設を案内されていた。
看守「この先です」
 そう言って、看守は長い長い通路を先導していった。
ドリス「しかし、拷問でもして聞き出せば良いと思うのですが。何で、我々が直接、聞き出さねば-いけないのでしょうかね?」
ロータ「相手が相手だ。それに、この案はシャインさんの意見との事だしな」
看守「着きました。囚人は抑制石を装着していますが、万が一もあります。油断なさらないで下さい」
ロータ「ああ。開けてくれ」
看守「ハッ」
 そして、看守は何重もの鍵を開けていった。
 扉は開かれ、ロータ達は中に入っていった。
「これは、これは皆さん・・・・・・おお、ロータ大尉じゃあ、ありませんか」
 と、牢獄の中の男は言った。
ロータ「エルダー・トリア・・・・・・」
 と、ロータは、かつてのラース-ベルゼ社会統一党の幹部の名前を呟くのだった。

 

    《エルダー・トリア》

 

トリア「ハッハッハ。懐かしい名前ですねぇ。まぁ、今となっては、ただのトリアですがね」
ロータ「単刀直入に聞く。呪術集団アセロ・レグワナを知っているか?」
トリア「知っている、と言えば?」
ロータ「正直に話すことだ」
トリア「フム・・・・・・名前を聞いた事は-ありますよ。確か、以前、魔石の調達に使っていた気がしますねぇ」
ロータ「他には?」
トリア「これ以上は、しゃべれませんねぇ」
ロータ「条件を言ってみろ。内容によっては飲んでやる」
トリア「私をここから出して下さい」
ロータ「無理だ」
トリア「いやいや、少しの間でいいんですよ。ほんの少し」
ロータ「それは出来ない」
トリア「そこを何とか。私もねぇ、たまには外で散歩をしたいんですよ」
ロータ「お前のような戦犯を外に出せるワケが無いだろう」
トリア「いやいや。ですが、私は役に立つと思いますよ」
ロータ「・・・・・・どう役に立つ?」

トリア「相手とも顔見知りですからなぇ。いえ、その呪術集団とは直接は顔を合せた事は無いですが、まぁ、ほんの知り合いがですねぇ」
 と言って、トリアは薄く笑った。
 それに対し、ロータは黙り込んだ。
ロータ「・・・・・・いいだろう。ただし、お前の心臓に魔力の刃を埋め込む事となる。もし、逃げたり-裏切ったりする-素振りを見せれば、即座に殺す。いいな」
トリア「了解、了解。いやぁ、しかし、それって、前に、シャインにした事ですよね。ハハ、意趣返(いしゅがえ)しって事ですかねぇ?」
ロータ「さぁな」
ドリス「た、大佐・・・・・・本当に-よろしいんですか?」
ロータ「構わない」
ドリス「ですが・・・・・・」
トリア「オッ、ロータ大尉、もしや大佐に昇格したんですかぁ、こりゃあ、凄い。いやぁ、凄いですねぇ」
ドリス「黙れッ!貴様には関係無い話だッ!」
 と、ドリスは怒鳴った。
トリア「おっとっと、これは失礼、失礼しました」
ロータ「・・・・・・心臓に刃を埋め込む」
 そう言って、ロータはトリアの胸の上に手を当てた。
トリア「ほう、貴方が・・・・・・いや、そりゃあ出来ますわよね。何せ、ヤクトのレベル7能力者なんですモノ」

ロータ「動くな。死ぬぞ」
トリア「はい」
 そして、ロータはトリアの胸に不可視の刃を埋め込んだ。
ロータ「よし。これから-お前の拘束を解くが、その前に、前払いで情報を渡せ。一部でも構わない」
トリア「はいはい。まぁ、以前、私が-このドルファ国に潜入して悪さをしていた頃、同じくラース-ベルゼの呪術師が仲間に居たんですわよ」
ロータ「それで」
トリア「まぁ、でも私と彼は仲が非常に悪くてですねぇ、よくケンカしてましたんよ」
ロータ「その者の名は?」
トリア「ゼクトという中年の男ですわよ」

 

    《ゼクト》

 

ロータ(ゼクト・・・・・・資料にあったな。動乱時に、取り逃がしたラース-ベルゼの魔術師)
トリア「まぁ、ゼクトは呪術集団のアロア・ラグナとコネがあった様ですわよ」
ロータ「アセロ・レグワナだ」
トリア「ああ、ああ、そうでした、そうでした。で、その呪術集団を追ってるンですわよね?まぁ、そいつらの事は良く知りませんけど、ゼクトの事なら、まぁ色々と知ってますから」
ロータ「そうか・・・・・・詳しい話は後で聞こう。ただし、一つだけ、先に聞いておきたい。先程、呪術師のゼクトと仲が悪いと言ったが、その原因は何だ?」
トリア「あぁ、それは価値観の違いですわよ。私達は似た能力を保持していましてねぇ、でも、似ている分、互いに許せないモノなんですわよ」
ロータ「なる程、新教徒と旧教徒が殺し合う様なモノか」
トリア「・・・・・・ま、まぁ、そうとも言えるかも知れませんねぇ」
ドリス「お前、何で口ごもる。詳しく言って見ろ」
トリア「え?あぁ、まぁ、端的に言えば、私達は触手使い-なんですわよ」
ホシヤミ「触手?」
ロータ「触手って、あのニョロニョロした奴か?」
トリア「ええ、その通りですわよ。ただ、そのニョロニョロを使う相手が違うって事ですわよ。ゼクトは、触手を使って、女性を犯し尽くしたモンでしてねぇ」
ロータ(エロい・・・・・・)
ドリス「ま、待て・・・・・・じゃ、じゃあ、お前は・・・・・・」
トリア「グフフ、決まってるじゃあ無いですか。そりゃあ、女の反対は男ですわよ。グフフ」

 とのトリアの言葉に、さしものロータも唖然(あぜん)とするしか無か
った。
トリア「グッフッフッフッフ。あぁ、何と甘美であった事か。ツヴァイちゃんに、エトリオちゃん。あぁ、あれは今、思いだしても、至高の体験でしたわよ」
 と言って、トリアは-よだれをたらすのだった。

 

 ・・・・・・・・・
その頃、ツヴァイにエトリオの二人の男は登山をしていた。
ツヴァイ「ゴホッゴホッ。クッソ、寒いんだよ」

 

    《ツヴァイ》

 

エトリオ「ですよねぇ」
ツヴァイ「しっかし、なんで-あのジジイ二人、あんなに元気なんだよ」
エトリオ「いやぁ、流石ですよね」
 と、二人は前方を元気に歩く、二人の老人を見て-言った。
老人A「おーい、ツヴァイちゃんにエトリオ君、もう少し、急がんと、小屋まで今日中に着かんぞい」
エトリオ「あっはい」
 と言って、エトリオはスピードを速めた。
ツヴァイ「クッソ、急げと言われると急ぎたくなくなるのが、この俺で・・・・・・」
 すると、ツヴァイの後ろから声が掛けられた。
「ツヴァイちゃーーーーんッ!おーい、やっほーーいッ!お姉ちゃん-だよッッッ!」
 との声が、遠く後方から響いたのだった。
 ツヴァイは-ギョッとして振り返ると、そこには、彼の姉の姿がポツリと見えた。
ツヴァイ「ヒィィ、置いてったハズなのに」
姉「ツヴァイちゃーーーーんッ!」
ツヴァイ「ヒィィッ!」
 そして、ツヴァイは必死に早歩きし、エトリオや老人達を追い越していった。

 しかし、姉は-それ以上の勢いでツヴァイに追いつき、そして、ツヴァイを捕まえるのだった。
ツヴァイ「か、勘弁してくれーーーーーッ!」
 との絶叫が山に木霊するのだった。

 

 ・・・・・・・・・・
 一方でエルダー・トリアはツヴァイ達との情事を思いだし、
満足そうに、頷いていた。
ロータ「ま、まぁいい。ともかく、拘束を解こう」
トリア「オッ、まじですかいな。いやぁ、流石はロータ大佐、よく見ると顔も-かわいいですわよ」
ロータ「・・・・・・ドリス、やっぱり、これ、このまま閉じ込めておいた方が良いんじゃないか?」
ドリス「私もそう思いますよ」
トリア「えぇ、そんな。そっちの兵士さんもカワイイですわよ」
ドリス「と、鳥肌が・・・・・・。た、大佐、やはり置いてきましょう。やはり、この男は危険です」
 と、ドリスは言うのだった。
ロータ「確かに貞操の危機かも知れない・・・・・・」
ホシヤミ「二人とも情けないですよ。軍人なんですから、私情は挟んじゃ駄目ですよ」
ロータ「ホ、ホシヤミ君、あのねぇ、君はロボットだから、この底知れぬ恐怖が分からないかも知れないけどねぇ」
ホシヤミ「えぇ?分かりますよぅ。その発言、ロボット差別ですよぅ」
ドリス(何だ、ロボット差別って・・・・・・)
 と、ドリスは少し考え込むのだった。

トリア「いやぁ、でも、最近、欲求不満でしてねぇ。今なら、ロボットでもいけるッ!ロボット姦ッ!フォウッ!ロボット・・・・・・ハァハァ。ロボット穴に触手・・・・・・ハァハァハァ」
ホシヤミ「ロータさんッ!怖いですッ!」
ロータ「うん・・・・・・ロボットでも怖いモノは怖いよな。まぁ、でも、シャインさん-からの命令だ。仕方無い」
ドリス「シャイン様の命令は理不尽な時が多いですよ・・・・・・」
ロータ「言うな。よし、拘束の鍵を開けてくれ。抑制石の首輪以外を」
 と、ロータは看守に向かって言った。
看守「ハッ」
トリア「ウェルカーム、ウェルカーム、看守ちゃーーーん」
看守「・・・・・・大佐、鍵をお預けします」
ロータ「え?」
 と言いつつも、ロータは鍵を受け取ってしまった。
 ロータはドリスを見た。
ドリス「尊敬します、大佐」
 ロータは-うろたえながら、ホシヤミを見た。
ホシヤミ「流石、ロータさん」
ロータ「・・・・・・やればいいんでしょ、やれば」

 そう言いながら、ロータはトリアに近づき、鍵を開けていった。
ロータ(何か、おしろい-の匂いがするし。苦手だなぁ、こういう匂い・・・・・・)
 とはいえ、ロータはめげずに、鍵を開け続けた。
 しかし、ロータの手が止まった。
ロータ「こ・・・・・・これは・・・・・・」
 見れば、トリアの股間の部分に拘束具と鍵穴が-されていた。
看守「万一に備えてと・・・・・・」
ロータ「これ、開けなきゃ駄目?」
看守「は、はい。これを付けていると、専門の排尿器具を使わねば-ならないので、相当に面倒であるかと」
ロータ「・・・・・・仕方無い。開けるか」
トリア「カッモーン」
 と言って、トリアは両手・両足を広げた。

 

 

ロータ「・・・・・・ええいッ、ヤケだッ!」
 そして、ロータは鍵穴を開けた。
トリア「じゃじゃーんッ、エルダー・トリア復活の巻ッ!」
 そう言って、トリアは立ち上がった。
トリア「イエーイ、拍手、拍手!」
ドリス「ええい、あまり調子に乗るなよッ!」
 そう言って、ドリスはスタン・ロッド(電気-気絶棒)を取りだした。
トリア「ワワワ・・・・・・イッツ・ア・ジョーク!イッツ・ア・ジョーク!」
 と言って、トリアは両手を挙げた。
ロータ「さぁ、付いてこい」
トリア「いや、ちょっぴ、待ってくりゃさいな。あ、足が痺れて」
ドリス「大佐、こいつ程、頭に来る奴を私は知りません」
ロータ「言うな・・・・・・シャインさん-の命令だ・・・・・・」
ホシヤミ「うぅ・・・・・・ボディーの穴を塞いどいた方がいいかも知れません」
ロータ「・・・・・・ホシヤミ君、きみのボディーは穴を塞げるかもしれないけど、私達の尻は塞げないんだよ」
ドリス「色々と後ろには気をつけないと-いけませんね・・・・・・」

トリア「まぁまぁ、仲良く-しましょう。オッホッホッホッホ」
 と、トリアは高笑いをあげるのだった。

 

 

 

 

 外伝B下(アーカーシャ・ミソロジー)へと

 

Topページ

関連ページ

外伝B下(アーカーシャ・ミソロジー)
キール・アーカーシャの小説サイト
外伝A(アーカーシャ・ミソロジー)[イラスト追加]
キール・アーカーシャの小説サイト
外伝@(アーカーシャ・ミソロジー)《イラスト追加》
キール・アーカーシャの小説サイト
シャドウ・エイジ外伝(アーカーシャ・ミソロジーU)《イラスト追加》
キール・アーカーシャの小説サイト

ニュース

リンク