アーカーシャ・クロニクル

 第?話  墜ちし禁断の兄妹

 

 悪霊達が-まとわりついてくる。
 それを仮面をかぶった男が次々と、叩き斬っていった。
 それに対し、女は守られるだけだった。
そして、その男に恐れを成し、悪霊達は退散していった。

 


ソウル「マナ・・・・・・、大丈夫だ。あと少し、あと少しで、次の教会だ」
 と、その男ソウルは、妹のマナに言うのだった。
マナ「兄・・・・・・さん・・・・・・。ごめんなさい・・・・・・、ごめんなさい・・・・・・私のせいで・・・・・・」
 と、かぼそく-呟くばかりだった。
ソウル「いいんだ。ほら・・・・・・見えて来た。丘の上の教会」
 と、暗雲たちこめる-影の世界にて、ソウルは教会を指さすのだった。

 

 ・・・・・・・・・・
ソウル「誰か・・・・・・誰か、居ませんか?」
 ソウルは扉を開き、尋ねかけるのだが、自身の声のみが反響するばかりで、返事は無かった。
 その教会は老朽化しており、ホコリとサビに-まみれていた。
ソウル「・・・・・・ハァ・・・・・・変だな?この教会を管理する人が必ず居るはず-なんだが・・・・・・。ともかく、腰をかけさせてもらおう、な、マナ」
 とのソウルの言葉に、マナは無言で頷いた。
 そして、二人は-しばらくの間、礼拝堂で人が来るのを待ち続けた。
 すると、奥の扉が開き、中から一人のシスターが出てきた。

 

 

ソウル「あの・・・・・・今晩、泊めて欲しいのですが」
シスター「・・・・・・分かりました。どうぞ、こちらへ」
 そう言って、シスターは小さな部屋を案内した。
 そして、ソウルとマナは同じベッドに転がった。
ソウル「やれやれ・・・・・・しかし、今日も生き残る事が出来たな。いや、俺達は死んでるんだから、その表現も変か」
 と、ソウルは自嘲気味に言うのだった。
マナ「ごめんなさい・・・・・・兄さん・・・・・・ごめんなさい・・・・・・」
 と、マナは壊れたレコーダーのように、ただ謝り続けた。
ソウル「マナ、マナ、お前は悪くない。悪いのは俺だ。全て、悪いのは俺なんだ」
マナ「・・・・・・兄さん」
 うつむきマナは答えるのだった。

 

 ・・・・・・・・・・
外では雨が降り出していた。
マナが眠っているのを確認し、ソウルは立ち上がり、服を着た。
ソウル(少し、見回っておくか・・・・・・)
 そして、ソウルは教会内をうろついた。
 すると、雨だというのに、子供達が庭で遊んでいた。
ソウル「お前達、あまり外に出るなよ。この時間帯は、魔がはびこってるからな」
 と、ソウルは窓から言った。
 すると、子供達はソウルの方へと駆けて来た。
少年A「お兄ちゃん、誰?」
ソウル「俺か?俺はソウルって言うんだ。お前達こそ、何でこんな所に居る?もっと、都市部に行った方が安全だろう」
少女B「私達、都市に住めないの」
ソウル「どうしてだ?」
少年A「だって、魂が穢(けが)れてるから」
ソウル「そんな事、誰が言ったんだ?」
少年C「炎の女神ヴェスタ様だって」

ソウル「ヴェスタ・・・・・・」
少女B「だから、魂が清まるまで、この教会に居なきゃいけないの」
ソウル「そうか・・・・・・。早く、清まるといいな・・・・・・」
少年A「うん、あ、お兄ちゃんも-やる?」
 そう言って、少年Aはゴムまりをソウルに見せた。
ソウル「いや、お兄ちゃんは、ちょっと疲れてるんだ。もう一眠りしたら、混ぜてもらうよ」
少年A「うん、約束だよ」
ソウル「ああ。約束だ」
 そう言って、ソウルは手を振り、部屋に戻ろうとした。
 すると、背後からシスターが見ていた。
ソウル「やれやれ、何か用かい?」
シスター「いえ、子供が-お好きなのですか?」
ソウル「嫌いじゃない。むしろ、好きなのかも知れない」
シスター「お連れの方は伴侶様ですか?」
ソウル「・・・・・・いや、妹だ」」
シスター「そうなのですか」

ソウル「それより、あんたが、あの子供達を引き取っているのか?」
シスター「はい」
ソウル「無償で?」
シスター「はい。それこそが、神のご慈悲では無いのでしょうか?」
ソウル「・・・・・・神・・・・・・か。あんたは、こんな暗闇の世界に来ちまったってのに、未だ、神を信じるのか?」
シスター「ええ。黙示録の時、来たれり・・・・・・と、各地で言われておりますし」
ソウル「あんた、黙示録の意味、分かって言ってるのか?」
シスター「え?はい・・・・・・」
ソウル「なら、いいさ。だがな、世の中、都合の良い救済なんてありはしないんだよ。救いを待ってるだけじゃ、救いなんて訪れない。ただ、抗い続ける事なんだよ。俺達がするべき事とはな。まぁ、あんたは立派な人だとは思うけどな」
シスター「・・・・・・あなたは、お強いのですね。ですが、人は弱いのです。原罪に押しつぶされそうになるのです。救いを求めては-いけませんか?」
ソウル「・・・・・・さぁな。俺とあんたは違う。違う人間は、違う生き方をするだけさ」
シスター「そうかも-しれませんね」
ソウル「少し、疲れた。部屋で休ませて貰う」
シスター「ええ。食事を用意しておきます。いつでも、お目覚めになってください」
ソウル「悪いな。これは、ほんの少しばかりだが」
 そう言って、ソウルは魔石の欠片をシスターに渡した。

シスター「こんなに・・・・・・」
ソウル「子供達の分だ」
シスター「ありがたく頂戴させていただきます。あなたに神の祝福が-あらん事を」
ソウル「だと、いいけどな・・・・・・」
 そう言い残して、ソウルは部屋に戻っていった。

 

 ・・・・・・・・・・
 雨が降り続いていた。
 談話室でソウルは子供達と人形のオモチャで遊んでいた。
 それをマナは-うつろな目で見つめていた。
ソウル「マナ?一緒に遊ばないか?」
 とのソウルの言葉に、マナは首を横に振った。
ソウル「そうか・・・・・・。まぁ、いいさ」
 そう言って、ソウルは微笑み、子供達と遊びだした。

 

 ・・・・・・・・・・
 雨が降り続いていた。
 談話室でソウルは子供達と話をしていた。
ソウル(しかし、何だ?俺は・・・・・・いったい、ここに何日間、居る?妙な感覚だ。精神攻撃を受けているのか?いや、それは無い。流石に今の俺に、気付かせること無く、精神攻撃をかける相手なんて、こんな辺境に居るワケが無い)
 と思いつつも、ソウルは背筋に悪寒を覚えていた。

 

 ・・・・・・・・・・
 雨が降り続いていた。
 ソウルは子供達と遊んで居るも、急に動きを止めた。
ソウル「悪い、ちょっと、頭が痛い。部屋に戻らせてくれ」
 そう言って、ソウルはマナと一緒に部屋に戻った。
 部屋に戻り、能力で盗聴されてないかを調べ、ソウルは口を開いた。
ソウル「マナ、何が起きている?時間の感覚が無い。俺達は精神攻撃を受けているのか?」
 その言葉に、マナは何も答えようとしなかった。
ソウル「マナ。頼む、答えてくれ。こういう事は、お前の方が敏感だろう?」
 とのソウルの言葉に、マナは仕方なしに口を開いた。

 

 

マナ「兄さん・・・・・・。気付いてないの?」
ソウル「何をだ?」
マナ「この場所に留まっているのは兄さんの意思よ。ただ、それだけなの」
ソウル「・・・・・・馬鹿な」
マナ「兄さんが、あの子達と遊びたくなくなったら、自然と、外に出れると思うわ」
ソウル「俺は・・・・・・安息を求めてしまったというのか?」
マナ「かもしれない・・・・・・。私は-ここで良いよ。兄さんと一緒だったら、永遠に-ここで過ごしても問題ないんだよ・・・・・・」
 とのマナの言葉にソウルは考えこんだ。
ソウル「・・・・・・不思議なモノだな。俺がおかしくなりそうな時にマナは冷静で居てくれるなんて」
マナ「私は・・・・・・ここの空気が好き。よどんで、ホコリっぽくて、良い言い方をすれば、古書店の本の匂いのような、そんな雰囲気が・・・・・・」
ソウル「そうか・・・・・・なぁ、マナ。ここに居れば、俺達は安全なのかな?」
マナ「分からない。でも、ここの空間も腐臭が-かすかにする。それと淫乱な臭いが」
ソウル「淫乱?」
マナ「ええ・・・・・・。それだけ・・・・・・。でも、ただちに影響は無いと思うわ」
ソウル「そうか・・・・・・」
 と、ソウルは答えるのだった。

 

 ・・・・・・・・・・
 雨が降り続けていた。
 その日、シスターの姿は見えなかった。
 そんな中、ソウルは子供達と部屋で遊んでいた。
 すると、少女が泣き出した。
ソウル「どうした?」
少女「ヒック・・・・・・ヒック、ごめんなさい、ごめんなさい」
 と泣きじゃくった。
ソウル「なんで泣いてるんだ?」
少女「だって、だって・・・・・・」
少年「・・・・・・ソウル兄ちゃん、ごめんなさい。僕たち-なんだ。僕たちがソウル兄ちゃんに、ずっと居て欲しいから、雨が降り続けてるんだ」
ソウル「・・・・・・そうだったのか・・・・・・」
少年「だから・・・・・・ごめんなさい・・・・・・」
ソウル「・・・・・・そうか」
 と、ソウルは答えた。
ソウル「お前達は俺に、どうしてもらいたい?」

少女「ずっと一緒に遊んで欲しい・・・・・・でも・・・・・・ソウルお兄ちゃんは、やらなきゃいけない事があるんでしょ?」
ソウル「・・・・・・ああ。そうだな。それに、多分、ここには居続けられない。追っ手が、いずれ俺達を見つけるだろうからな。分かってたんだけどな・・・・・・」
少年「ソウル兄ちゃん、なら・・・・・・墓地に行って。そこに地下室があるから・・・・・・」
ソウル「地下室?」
少年「うん・・・・・・そこで、壁を壊して。そうすれば、結界は壊れるから」
ソウル「結界・・・・・・分かった。すぐに行った方が-いいのか?」
少年「うん・・・・・・今なら、間に合うから」
ソウル「分かった。・・・・・・じゃあな、みんな」
 そう言って、ソウルは子供達の頭を全員分、撫(な)でた。
ソウル「行ってくる」
 と言って、ソウルは身を翻(ひるがえ)した。
『ばいばい・・・・・・』
 との声が、その背に掛けられた。

 

 

 ・・・・・・・・・・
マナ「兄さん、行くんですね」
ソウル「ああ。行こうマナ。俺達に安らぎは似合わない」
マナ「・・・・・・ですね。私も、大分、落ち着きを取り戻しましたし、今なら役立てると思います」
ソウル「ああ。手を」
 そう言って、ソウルはマナに手を差し伸べた。
 マナはソウルの手をぎこちなく取った。
 そして、二人は手を繋いだまま、墓地へと歩いて行った。

 

 雨の墓地を二人は傘も差さずに歩いた。
 そして、一つの大きな墓標にて、隠し階段を見つけた。
ソウル「行こう」
 とのソウルの言葉にマナは無言で頷いた。

 

 湿った空気の中、ソウル達は地下へと降りていった。
ソウル「なる程、腐臭に淫靡(いんび)な臭いが立ちこめて来てやがる」
マナ「兄さん、気をつけて」
ソウル「ああ・・・・・・ただ、極力、戦闘は避けたい」
マナ「・・・・・・ええ」
 そして、二人は廊下を歩いて行った。
 音が聞こえだした。
 それは女性のあえぎ声と、獣のような声と、粘着音だった。
 そして、ソウル達は扉の前に立った。
 それから、ソウルは勢いよく扉を開いた。
 それと共に、音が止まった。
 中では、腐った男のゾンビ達と、一人の女が全裸で、交わっていた。
ソウル「何やってるんだ、シスターさん?あんた、処女じゃないんだな」
 と、その女に向かってソウルは、皮肉げに言った。
シスター「ど、どうして、ここが・・・・・・」
ソウル「まぁ、偶然な。それよりも、シスターが純潔を守らなくていいのか?」

シスター「わ、あ、私は・・・・・・しょ、処女です。処女ですとも。確かに、膣以外での性行為は楽しんで居ますが・・・・・・」
ソウル「・・・・・・そうかい。なら、好きにしているといい。俺にはやるべき事がある」
 そう言って、ソウルは片手で剣を抜き、壁を叩き斬りだした。
シスター「や、やめッ!やめなさいッ!あ、あんた、なんて事をッ、やめろって言ってッ!」
 次の瞬間、壁が崩れていった。
 そして、中から、小さな白骨死体が出てきた。
 それは赤子の骨だった。
 それが、いくつも-いくつも出てきた。
ソウル「・・・・・・そういう事か」
 と、ソウルは呟いた。
マナ「かつて、中世の暗黒期、ミズガルドでは教会にて売春が行われていたとされます。しかし、表向き処女であらねばならないので、孕んでしまった場合、赤児を殺し、壁に埋めたと・・・・・・。教会の壁からは、よく白骨の死体が出てくると言いますが、これは・・・・・・」
 とのマナの言葉にシスターは笑い出した。
シスター「だから、何?私、私はねぇ・・・・・・なりたくて、シスターになったワケじゃない。口減らしとして送られて来たんだ・・・・・・。それで、売春をやらされ・・・・・・最後、梅毒で死んじゃったんだよ。その結果がこれ・・・・・・」
 と言って、シスターは自嘲気味に笑った。
シスター「でも、でも・・・・・・この世界は良い。現実の世界じゃ女は腕力では男に勝てなかったけど、この霊なる-世界では、私、今まで私をゴミのように扱ってきた男達を、ほら、お人形のように操れる」
 そう言って、シスターは指を妖しく動かした。

 それと呼応するように、腐ったゾンビ達は動き出した。

 

 

ソウル「一つ聞きたい」
シスター「何?」
ソウル「この教会に居る子供達、あれは生前に、あんたが-産んで、殺し、そして、この壁に埋め込んだ赤児達の育った姿か?」
 とのソウルの問いに、シスターは顔を歪めた。
シスター「・・・・・・そう、その通りさ。この世界は何なんだろうね?生前の世界と似ているけど、違う」
マナ「記憶世界。物理世界の記録を保存している世界・・・・・・」
シスター「・・・・・・それで、仕方なく、あの子達を育てたのさ。というか、私も、この教会の外に出れなくてね。まぁ、世話をする必要も無かったから、楽だったけどね」
ソウル「あんた・・・・・・子供達と遊んであげた事があるか?」
シスター「あるワケないでしょ?あれは、道具なの。私がいい人である為の道具。男達はホイホイと引っかかる」
ソウル「そうか・・・・・・。もう一つ聞きたい」
シスター「何?」
ソウル「ここから出して欲しい。俺達は外に行かねばならない」
シスター「・・・・・・外?外に何があるの?あんた、実は結構、私の好みなんだよ。だからさ、ずっと、ずっと、ここに居れば良い。そっちの妹さんも。ずっとここで怠惰に過ごしながら、終末を待てば良い」

 

 

ソウル「・・・・・・あんた・・・・・・寂しいんだな」
シスター「何・・・・・・ッ?」
 シスターは声を震わせた。
ソウル「あんたは寂しいんだ。だから、体を重ねるんだ。そうすると、一瞬、温かくなるからな。でも、それは-まやかしなんだ。あんたの心は決して、満たされない」
シスター「ッ、黙れッ!黙れ、黙れ、黙れッッッ!お、お前に何が分かる。若造がッ!私は-どれ程長い間、この世界に居たと思う?わ、私は」
ソウル「結界を解け。そもなくば、殺す」
 そう言って、ソウルはシスターに剣を向けた。
シスター「やれッ!」
 とのシスターの声と共に、ゾンビ達はソウルとマナに
襲いかかった。
 しかし、次の瞬間、ゾンビ達はソウルの剣に切断された。

 

 

さらに、ソウルが剣を掲げると、斬られたゾンビ達の体から
魂が抜けて、ソウルへと吸収されていった。
 ソウルは剣をシスターに突きつけていた。
シスター「き・・・・・・聞いた事がある。女神ヴェスタが血眼に-なって探している兄妹が居ると・・・・・・。その者達は魂を喰らう-と。そして、その者達の名は・・・・・・」
ソウル「ソウル・フォン・トゥルネスとマナ・フォン・トゥルネス。それが俺達の名であり、その名だ」
シスター「ま、待ってッ!なら、なおさら、外に出るなんて。ここは女神ヴェスタの領域に近い。外に出たら、いくら-あんたらでも、すぐに殺されてしまう。い、いや、すぐに捕らえられ、何度も何度も殺され、復活し、殺されを繰り返す事となる」
ソウル「かもな。だが、女神だろうと、何だろうと、知った事か。俺は-もっと強大な相手を知っている。かつて、俺が敗北した相手。そして、恐らく、永久に倒す事の出来ない相手。彼女は・・・・・・そう、シルヴィス・シャイン、あいつだけだ。あいつだけが、俺に畏(おそ)れを感じさせた」
シスター「と、ともかく、外に出せば、いいんでしょ?」
ソウル「そうだ」
シスター「はい。はい。今、結界を解いたから。そこの壁から出てけるから。ほら、壁がゆらめいてるでしょ?そこの空間が外に繋がってるから」
ソウル「そうか・・・・・・行くぞ、マナ」
マナ「ええ」
 そして、二人は白骨の死体が埋め込まれた壁に手を当てた。
 その部分はゼリーのように、揺れており、明らかに通常の壁とは違った。
 ソウルとマナは-ためらいなく、壁の中に入っていった。
 そこは白い亜空間だった。

ソウル「やれやれ・・・・・・」
マナ「騙されましたね」
ソウル「みたいだな」
 すると、巨大なシスターが現れた。
シスター『お前、お前達・・・・・・許さない・・・・・・この空間で埋められてしまえ』
 そして、空から、白い聖十字が大量に降ってきた。
 聖十字は地面に落ちると溶けて、辺りを塗り固めだした。
 ソウルとマナの両足も固められていた。

 

 

シスター『あはははは、ざまーみろ。私を馬鹿にした罰だ』
ソウル「それだけか?」
シスター『え?』
ソウル「お前は・・・・・・俺達を馬鹿にし過ぎだ」
 そして、ソウルはマナの方を見た。
ソウル「マナ」
マナ「ええ」
 そして、二人は口づけを交わした。
 次の瞬間、マナの体は魔力と化し、ソウルにまとわれた。
 黒い鎧をまとったソウルは、咆哮をあげ、周囲に波動を放った。
 次の瞬間、亜空間はソウルとマナの黒い波動により、砕けていった。

 

 

 

 ソウルとマナの二人は地下室に戻っていた。
マナ「・・・・・・結界が解けたようですね」
ソウル「みたいだな」
 一方で、シスターは亜空間を砕かれたフィード・バック(はね返り)で血まみれになっていた。しかし、既に死んでいる彼女は、これ以上、死ぬことも出来なかった。
ソウル「辛いだろう。その魂、魂を喰らってやる」
 そう言って、ソウルはシスターに向け、手の平を掲げた。
シスター「た、たすけ・・・・・・・」

 

 

ソウル「散れ」
 そう言って、ソウルはシスターの魂を吸収しだした。
 シスターは声にもならぬ絶叫をあげた。
ソウルは-その様子を見て、笑みを浮かべた。
その時、声が響いた。
『ソウル・・・・・・・駄目だッ』
 次の瞬間、ソウルは動きを止めた。

 

 

解放されたシスターは荒い息をして、震えていた。
マナ「兄さん?」
ソウル「今、今・・・・・・クオンの声がした気がした。そんなワケ無いのにな。あいつは、こんな所に居るワケ無いのにな・・・・・・」
マナ「でも・・・・・・クオン皇子なら、きっと、彼女を殺さないでしょうね。子供達の面倒を、まがりなりにも見る人が必要でしょうし」
ソウル「・・・・・・かもな。幼い子供に母親は必要だろうな」
 そう言って、ソウルは-ため息を吐いた。
ソウル「おい、お前」
シスター「ヒッ、ヒィィッ、た、助けて下さい。た、助けて」
ソウル「見逃してやる」
シスター「え?い、いいんですか?」
ソウル「お前の魔力は吸収した。お前はもう能力は使えない。残った時間を子供達と過ごすことに費やせ。もし、子供達をないがしろに-していたら・・・・・・お前を喰らいに戻って来るからな」
シスター「は、はいッ!分かりましたッ、はい。あ、ありがとうございます」
 と、シスターは半泣きになって答えた。
ソウル「行こう、マナ」
マナ「ええ、兄さん」
 そして、二人は地下室を出て行った。

 外は-いつの間にか、雨が止んでいた。
 しかし、それでも辺りは薄暗く、影は濃かった。
ソウル(行こう、この影の世界を。俺達は影を、シルヴィス・シャインは光を、それぞれ進めば良い。でも、いつか、いつか、それぞれの道が交わる事があるのだろうか?)
 と、ソウルは空を見上げながら、考え込んだ。

 

 

マナ「兄さん?」
ソウル「ああ、行こう」
マナ「子供達に別れは言わなくていいのですか?」
ソウル「また、来るさ。その時でいい」
マナ「ですね。行きましょう、兄さん」
 そう言って、マナはソウルの腕に、手を絡ませた。
 それにソウルは苦笑し、歩き出した。
『バイバイ、お兄ちゃん達・・・・・・また、来てね』
 との声がソウルには聞こえた気がした。
ソウル「ああ・・・・・・約束だ」
 振り返りながら-そう言い、ソウルは前を歩き出すのだった。

 

 

 

 

  To be continued in “Akasha MythologyⅡ Shadow Age”

 

アーカーシャ・ミソロジーⅡ《シャドウ・エイジ》にて。

 

 

Topページ

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

外伝③上(アーカーシャ・ミソロジー)
キール・アーカーシャの小説サイト
外伝③下(アーカーシャ・ミソロジー)
キール・アーカーシャの小説サイト
外伝②(アーカーシャ・ミソロジー)[イラスト追加]
キール・アーカーシャの小説サイト
外伝①(アーカーシャ・ミソロジー)《イラスト追加》
キール・アーカーシャの小説サイト

ニュース

リンク