アーカーシャ・クロニクル

  第?話  邂逅

 

 やれやれ、俺の事が知りたいって?
 俺の名前は、ヘテロ。しがない、フリーターさ。
 まぁ、自慢じゃないが、結構、修羅場をくぐって来たんだぜ。
 そう、戦争の-まっただ中に巻き込まれちまったんだからな。
 何?なんの戦争かって?
 おいおい、あんた、何処の出身だよ。ラース-ベルゼ国の軍事侵攻を知らないとは言わせないぜ。
 って、知らないのかよ。
 はぁ・・・・・・あんた、金髪だし、ヤクトの生まれじゃ無いな。
 まぁ、いいや。これも縁だ。せっかく、我が祖国、ヤクトに来たんだからな、知っといてくれよ。
 まぁ、元々、ラース-ベルゼ国との仲は悪かったんだがよ、それでも、戦争の気配なんか全く感じなかったんだよ。
 しかも、平和条約-的なのを結んだからさ、いっそう、まさか戦争が起きるなんてな。
 まぁ、そこの隙を突かれたんだろうな。
 まぁ、それで、我等がヤクト軍は不意打ちで半壊状態に陥っちまって、北半分をラース-ベルゼ国に奪われちまったんだよ。
 そう、この首都エデンも、真っ先に占領されちまった。
 その時、俺も、ここに居てさ。
 ほんと、災難だったよ。

 良く生き残ったと思うぜ。
 数え切れないほど、死んだからな・・・・・・。
 まぁ、俺は元々、田舎の出で、上京したばっかで、知り合いが-ほとんど居なかったから、あんまし身近な奴は死んでないんだけどさ。
 それでも、川という川に、そう、焼死体がプカプカと流されていってたぜ。
 しかも、ひどい火傷を負った人達が、水を求めて川に近づいてくんだ。
 え?そういう時、水を飲んじゃいけない?
 ああ、そうみたいだな。
 だから、水を飲んで、一瞬、安らかになって、死んでいってたよ。中には、母親と小さな子供とかも居たな。
 あれは忘れられない・・・・・・。
 やめだ、やめだ。暗い話を外人さん-にしても、しょうがない。
 それで、俺は必死に首都から逃げたんだよ。
 まぁ、敵軍の検閲が、あちこちに敷かれてたんだけどさ、上手く、下水道を通って首都を脱出したんだ。
 それから、森の中で身を潜めたんだ。
 幸い、同じ事を考える奴等と一緒になれてな、それで、森の奥で集団で隠れ続けてたんだ。
 その時のリーダーがリオルっていう女の人でな。
 高校の教師らしくて、テキパキとしてたよ。

 彼女が居なかったら、もっと大変な事になってたかもな。
 まぁ、その後、レジスタンスに参加して、亡くなったんだ・・・・・・。
 彼女の夫のダコスとは今でも時々、会ったりするよ。
 二人は新婚だったらしくてな・・・・・・ひどい話さ。
 ダコスも、相当、苦しんでたな・・・・・・。
まぁ、でも、今じゃ、元気、とまでは-いかなくても、
それなりにしっかり-やってるみたいだ。
 ・・・・・・。辛気くさくなっちまったな。話を変えるか。
 良く考えたら、あんた、エデンでのオリンピックに来たんじゃないか?
 え?違うって?
 じゃあ、何しに来たんだ?
 シ、シルヴィス・シャインに会いに来たってッ!
 おいおい、あの方は・・・・・・って、冗談かよ。
 びっくりしたなぁ。
 まぁ、しかし、あの方も相当に、辛かったんだろうな。
 噂だけどな・・・・・・。

 とはいえ、こうして、無事にヤクトは復興し、そして、オリンピックを開催するに至った。
 色々と-きな臭い情報は入ってるけど、まぁ、ヤクトの公安は優秀だからな、何とか-なるだろう。
 え?その情報だって?
 いや、噂だぜ。というか、情報屋の友達からの話なんだけどさ。汚染物質が処理場から盗まれたらしい。
 ほら、戦争時に、ロータ中尉ひきいる第4戦竜中隊が戦っただろ?
 その時、ロータ中尉の部下が命を懸けて、汚染物質を石棺で閉じ込めたんだよ。
 すさまじい戦いだったそうだぜ。
 放射性物質と汚染波動を含んだ黒い液体が、竜の形と成って周囲を飛び回ったらしい。
 聞いただけで寒気がするぜ。

 

 

ロータ中尉も-その戦いの後遺症で、血液に癌が出来たとか言う話だけど、大丈夫なのかねぇ?
 で、その汚染物質を閉じ込めた石棺が外部から破壊されて、中の汚染物質が取り出されたらしい。
 それで、犯人と見られる大男が、急性-放射線-障害で死亡しているのが見つかったらしい。
 高速道路のパーキング・エリアだってよ。
 ほら、山から硫黄ガスが出たとかで、イルクの周辺が、封鎖されてるって、ニュースで-やってただろ?そこら-だってさ。
 え?オリンピックの開催に支障は無いかって?
 そりゃあ、あるだろうなぁ。
 とはいえ、今更、止めるワケにも-いかないだろ。
 まぁ、海外の選手団が到着するのも、まだ時間が-あるし、それまでに解決できるかって話だな。
 ん?ああ、もう行くのか。
 やれやれ、あんた結局、俺に何が聞きたかったんだ?

 

 それに対し、その青年とも少年とも見える金髪の男は、何も答えず、薄く笑った。
ヘテロ「あ、そうだ。これも縁だ。メール・アドレス、教えてくれよ」
「持ってないんだ。携帯」
ヘテロ「そうか、それに良く考えたら、海外に携帯を持ちこむのも面倒だろうしな。あんた、いつまでヤクトに居るんだ?」
「しばらくは。運命が変遷するまでは」
ヘテロ「良く分からないが、オリンピックが終わるまでは居るんだろ?」
「多分、ね」
ヘテロ「そっか、じゃあ、また会うことも-あるかもな。あ、そうだ。あんた、名前は?」
「フェイキオス」
 と、その男は答えた。

 

《フェイキオス》

 

ヘテロ「そうか、じゃあ、フェイキオス。また、どこかで」
 そう言って、ヘテロは手を振って去って行った。
 ニュースの音が、かすかに響いた。
ニュース『ラース-ベルゼ・・・・・・抑止力・・・・・・ウイルダ・・・・・・保守派…革新派・・対立・・・・・・・・・・・・・ラゼル・・・・・・』
「新たな王の出現・・・・・・ソウル・フォン・トゥルネス・・・・・・。
 来ているんだね。君も、このヤクトに・・・・・・」
 と、つぶやき、フェイキオスは、空を見上げた。
『見つけた・・・・・・地球の情報-思念体・・・・・・』
 との女性の声のみが響いた。
 そして、フェイキオスの周囲の時空間が歪み出した。
「空間操作能力・・・・・・。だけど」
 次の瞬間、構成されつつあった亜空間が砕け散った。
「この距離では僕を捕らえる事は出来ない・・・・・・」
 と、フェイキオスは告げるのだった。
 すると、サイレンが鳴った。
放送『魔力反応を探知しました。至急、商店街より避難してください。繰り返します・・・・・・』

 とのスピーカーの声を聞き、フェイキオスは煙のように姿を消した。
『逃げられちゃったか・・・・・・』
 との女性の声が宙に響いた。
 すると、武装警察が早くも到着しだした。
『優秀だねぇ・・・・・・ヤクトの警察さんは・・・・・・。それに比べてウチの警察と来たら・・・・・・。まぁ、退散しますか・・・・・・』
 そして、女性の声は消え、その精神体は遠く-リベリスにある本体へと戻っていった。

 

 遠くリベリス合衆国、トレス高速増殖-魔導炉より数キロ離れた地下施設にて。
 その地下施設の、地上より数百メートル下にある部屋では異様な実験が-おこなわれていた。
 一人の女性が全身を拘束具で縛られていた。
 それを、数十メートル上から研究員達が、厚い防弾ガラス越しに見ていた。
所長「・・・・・・共鳴-結界値を上げろ」
研究員A「共鳴-結界値、9000を記録、依然、反応なし」
研究員B「閾値(しきいち)には、未だ、到達していないようですね」
所長「・・・・・・のようだな」
 すると、女性の念話が響いた。
『ねぇ、しきいち、って何?どんな意味なの?ねぇ?』
 との声が研究員達の脳裏に直接、響いた。
研究員A「馬鹿なッ、向こうとは完全に遮断されているハズだというのにッ!」
『えぇ?この程度のガラスで、私の思念を遮断できると思っているなら、大間違い-なんだけど』
 との女性の声に、研究員達は震えだした。
所長「フム・・・・・・という事は、君は、私達に精神攻撃をする事が可能なワケだ。しかし、それをしない。何故だ?」
『えぇ?だって、そんな事したら、私、殺されるでしょ?さすがに、リベリスのレベル7能力者を全て相手にして勝てる自信は無いなぁ』

所長「賢明な判断だ」
『でしょ、でしょ。ホルン所長は、話が早いから好きよ』
 との声に、所長のホルンは苦笑した。

 

   《ホルン》

 

ホルン「それで、何が望みだ?単に話が-したかっただけなのか?数年ぶりに、反応を見せたワケを聞かせて-もらいたい」
『それはねぇ、いい加減、外に出たいなぁと思って』
ホルン「それは出来ない相談だ」
『どうしても、駄目?』
ホルン「駄目だ。それは出来ない」
『殺すよ?』
ホルン「殺せばいい。君を逃がしても、私は政府に消されるだろう」
『フーン、辛いねぇ。まぁ、いいや。殺すってのは冗談だし。それに、あなた達は私を外に出さねば、いけなくなる。その日は近い。まぁ、もしかしたら、その前に、上手く脱出できる-かもしれないけど』
ホルン「君を外に出さねば-いけなくなる、とは、どういう事かね?」
『あ、気になる?気になっちゃうよね。ヴァイアス・・・・・・リベリス最強の能力者・・・・・・彼は-いずれ暴走するわよ。そして、リベリス国内で-それを止められるのは私だけ」
ホルン「つまり、君がヴァアイスに対する抑止力になる、という事かね?」
『そう。その通り。私の力は抑止力そのモノ。私の力が無くなれば、リベリスには大きな災いが起きるわ。ラース-ベルゼという社会主義から解放されたウイルダにおいて、ゼーア神教の保守派と革新派が激しく対立を始めだしたように』
ホルン「ずいぶんと、世界の情勢に詳しいのだね」
『ずっと、見ていたから』
ホルン「フム・・・・・・まぁ、確かに、君の力はリベリスには必要なのだろう。とはいえ、君の力を解放させるワケにはいかない。つまり、現状維持が私に出来る精一杯というワケだ。それで我慢してくれないかね?」
『・・・・・・なら、生け贄を捧げてよ。たまには、戦わないと勘が-にぶっちゃう。本気で戦わせてよ』

ホルン「しかし、君が本気になれる相手など、それこそヴァイアスくらいだろう」
『ハンデをあげるから・・・・・・』
ホルン「フム・・・・・・なら、丁度いい。先日の暴走能力者の件は知っているかね?」
『ええ。武装警察に射殺されたって報道だったけど、実際はこの施設に居るわよね』
ホルン「そう。彼と戦ってみたまえ。まぁ、彼なら、死んでも問題は無かろう。何せ、実際は、能力の暴走では無く、単に殺人衝動を抑えられなく成った-だけなのだから」
『みたいね・・・・・・フフ、でも、彼、けっこう、強そうよね』
ホルン「まぁ、優秀な兵士だったからな・・・・・・。さぁ、用意をしろ。試験体012098を試験体オメガの元へと移送するんだ」
 とのホルンの言葉に、研究員達は従った。
 そして、手錠を付けた男が連れてこられた。
男『クソッ、何なんだよッ、これはッ!弁護士を呼べッ!おいッ!聞いてんだろッッッ!』
 と、男はホルン達をガラス越しに見て、叫んだ。
ホルン「試験体012098、良く聞きなさい。今から、君の目の前に居る女性と戦ってもらう。君に拒否権は無い。生き残りたくば、戦いに勝利する事だ。もし、勝利できたら、君をここから解放すると、約束しよう」
 と、ホルンはマイクで告げた。
研究員A「しょ、所長ッ?」
ホルン「いいんだ。・・・・・・さて、試験体012098、どうする?君の意思を尊重しよう」
男『・・・・・・チッ、いいだろう。釈然としねーが、やってやるぜ』

 

   《試験体012098》

 

ホルン「よし、では、今、手錠を外そう」
男『必要ねー』
 そう言って、男は魔力を高めた。すると、次の瞬間、金属で
出来た手錠は砕け散っていった。
ホルン「・・・・・・やれやれ、もう少し良い拘束具を用意した方がよさそうだな」
男『さぁ、俺は-いつでも戦えるぜッ!』
ホルン「試験体オメガの右腕部の拘束を解け」
研究員B「試験体オメガ、右腕部・拘束具、パージ」
 そして、煙と共に、女性の右腕の拘束具が外れた。

 

   《試験体オメガ》

 

 女性は右腕を適当に振り、感覚を確かめていた。
ホルン「さぁ、始めたまえ」
男『おいッ、本当に-いいのか?右腕だけで、俺の相手になるワケねーだろう』
ホルン「いいから、始めたまえ。君にとっては有利な条件だろう?」
男『チッ、人を馬鹿にし腐りやがって・・・・・・』
 すると、女性は指をクイクイっとして、挑発した。
男『テッメーッッッ!』
 次の瞬間、男は魔力を全開にして、女性に殴りかかった。
 しかし、男の拳は、軽々と女性の右手で止められていた。
 そして、女性はニヤリと笑みを見せた。
 それを見て、男は一気に、後方へと下がった。
 男の前身からは冷や汗が噴き出していた。
男「お、お前は・・・・・・お前は・・・・・・何だ?」
女性『化け物・・・・・・かな』
男「フッ、ハッハッハッ、アッハッハッハッ!最高だ。今、俺は生きている、生きて居るぞッ!これだ、この感覚だッ!生と死のギリギリの狭間での殺し合い、それを俺は-ずっと望んでいた。望んでいたのさッ!」
女性『ご託は-いいから、かかって来なさい』

男「ああ・・・・・・」
 次の瞬間、男の姿は消えた。
 そして、男は女性の背後から攻撃を仕掛けた。
 その時、男と女性の間に、白い球状に近い何かが出現し、男の攻撃を阻んだ。
女性『エッグ・・・・・・』
 次の瞬間、その卵形の何かはヒビ割れ、中から白い闇が男に向かって噴き出した。

 

 

 男は一瞬で、後方に避けようとしたが、白い闇は男の全身に
まとわりついていた。
男「チクショウッ!何だ、これッ!何なんだッッッ!」
 すると、白い闇の付いた部分が、男の皮膚ごと-ヒビ割れていった。
ホルン「勝負あったな・・・・・・」
 と、所長のホルンはガラス越しに-つぶやいた。
女性『今の君は卵そのもの。簡単に割れてしまうわ』
男「クソッッッ!死ね、死ね、死ね、死ねーーーーーッッッ!」
 男は最大級の魔力を女性に向かって放った。
 しかし、次の瞬間、閃光のような魔力が-それを貫き、男に直撃した。
 そして、周囲は-爆風による煙で、覆われた。
 そんな中、歌が紡がれていた。
『 [The egg] Humpty Dumpty sat on a wall,
 (卵のハンプティ・ダンプティー、壁の上)
 [The egg] Humpty Dumpty had a great fall.
 (卵のハンプティ・ダンプティー、落っこちた)

 All the king's horses and all the king's men
 (王様も騎馬も騎士達もみんな、みんな)
 Couldn't put Humpty together again.
 (ハンプティを治す事は出来なかった) 』
 と、その女性、試験体オメガは軽やかに歌うのだった。
 その歌と呼応するかのように、男の体には-どんどんと亀裂が走っていった。
男「お、おい・・・・・・ちょっと待て」
女性『駄目』
 との声と共に、女性は指を鳴らした。
 次の瞬間、男の体は音を立てて、崩れていった。
 勝負は完全に着いていた。
 しかし、そんな中、女性の紡ぐ、ハンプティ・ダンプティの歌は地下施設・一帯に響くのであった。

 

 

 

  To be continued in “Akasha MythologyU”.

 

 アーカーシャ・ミソロジーU (ソウル編)にて。

 

 

Topページ

関連ページ

外伝B上(アーカーシャ・ミソロジー)
キール・アーカーシャの小説サイト
外伝A(アーカーシャ・ミソロジー)[イラスト追加]
キール・アーカーシャの小説サイト
シャドウ・エイジ外伝(アーカーシャ・ミソロジーU)
キール・アーカーシャの小説サイト

ニュース

リンク